シーラカンス日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 実は苦手なこと

<<   作成日時 : 2006/09/15 20:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

実は社会人として&このシゴトしてて
とても恥ずかしいことなんですけど、
ワタシの苦手なこと、それは「新聞を隅から隅まで読むこと」。
とにかく難しく難しく、
わかりにくく書いてあるように思えるんですよ。
インターネット記事を読むのは苦痛じゃないんですが、
紙の、あのザラザラしたまとまりにくいものを
手に持って読むのがそもそも面倒。しかも、
「みーんなここまでは知ってるよね」っていう前提条件が
なんかえらく高いところに設定されていて、
読んでると「こんな高尚なことわからんだろう、オラオラ」
って言われてるような感じがしてしまうのです。
本を読むのとか週刊誌読むのとかは大好きなのに、
とにかく新聞読むのだけはワリと苦痛。
数紙読まなきゃならんなんてことになったら
本当にストレスだと思います…。

あと苦手なのは、これまでにも書いたことがありますが、
「アイロンかけ」と「工作」。
アイロンかけだけは亭主に自分でやってもらってるし、
子どもが学校とか保育所とかで
工作課題とかをもらってくると、もう恐ろしい。
一応ため息つきつつ子どもと一緒に始めるんですが、
だんだんとワタクシがヒートアップしてきまして、
最後はすべての道具と材料をベランダから
「ムキー!!」って放り出したくなります。

そういえば子どものころ、科学と学習についてきた
「日本立体地図」の石膏版をベランダで作りかけて
その日の暑い日差しに石膏がヘンに固まってしまい、
ヒス起こしてガッツンガッツン
最後は突き壊してしまった記憶が
今、よみがえりました…。(父親にこっぴどく叱られました)
とにかくキライなんですよ、工作。

あとは、「しりとり」ですねえ…。毎回ダメです。
中学のころ歴史のセンセーが教室で
歴史しりとりを始めたところ、ワタシがドベ。
常日頃生意気な生徒であったがゆえに
先生ったらんもー大喜びで、
「ほほー、シーラカンスがこんな風に
 困ってるの見るのは珍しいのお♪」
ってウキウキ、生き生きしてるのをみて内心
『くぉら、オッサン、覚えとけよー』と思っておりました。

それにしても、苦手なものって大人になっても
結構続くような気がしますね…。
もうすぐ40歳、これが治ることはもうないんだろなって
すんごくそう思いますです。うっ(泣)。

☆人気blogランキング☆に参加しています。
<form name="search_BP" action="http://bst.blogpeople.net/search_result.jsp" onSubmit="return false;" accept-charset="Shift_JIS" target="_blank">
BlogPeople検索
<input type="text" name="keyword" size="20" style="background-image:url('http://bst.blogpeople.net/images/glass.gif');background-repeat:no-repeat;" onClick="this.style.backgroundImage='url()';" onKeyPress="if(event.keyCode == 13) {var code=document.charset;document.charset='Shift_JIS'; document.search_BP.submit();document.charset=code;}"></form>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
苦手なこと
本日は「苦手なこと」で検索、どういうことを苦手に感じている人がいるのか、苦手なことにどう対処している人がいるのか、そういった事柄の書かれたテキストを、ピックアップしてみようかと思います。 ...続きを見る
たのしい検索 ゆかいな検索
2009/02/27 20:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
40過ぎても新しい事にチャレンジする人は沢山いますけどそういう人はきっと元々そうだったんでしょうね〜。
やっぱり、苦手なものは大人になればなるほど避けて生きられますから治りようがないですね〜。
サンタママ
2006/09/15 21:28
同世代なので、石膏の「日本立体地図」やりました。なつかしい。これは器用な友達と一緒に作ったので、苦い思い出にはならずに至っていますが。 私も本来、多趣味でも新しいことにチャレンジする性格ではなかったのですが、40を近くして、今まで興味がなかったことに興味を持ったりしています。おっ、私もまだまだこれから!と思ったり、私この先短いのでは?と怖くなったりしていますが、ブログも始めてみたので、よかったら遊びに来てください。名前もももはな改めnaonaoです。ももはなは子供の名前をもじった名前だったので・・・。 って、どうでもいいことですが・・・。
naonao
URL
2006/09/16 02:35
そうそう
大人になれば避けて通れる
でも、また子供ができると
学生時代に逆戻りですよ。
うちの子も私に似て工作苦手そう。
どうしよう・・・

そういえば私も大人になってから
地図が読めるように
なりました。
地理は苦手だったけど
地図記号も案外覚えていたりして・・・
ゆうづき
2006/09/16 08:06
>サンタママさん
新聞の飛ばし読みは、時折しているんですがねえ。でも、いわゆる仕事用に社会面ばっかり何紙も何紙も読むとか、難しいテーマを追いかけていくつも読むとか、そーゆーのはすごい苦痛です。できない。うううーむ。できないとか言ってちゃいけないんですけど。

>naonaoさん
おお、日本立体地図、ご経験者ですか〜。あれ、うまくいかなかったんですよねえ、今にして思うにたぶん水の入れ方が少なかったに違いない。ブログ、時々訪問しに参ります。

>ゆうづきさん
工作ねえ、夏休みの宿題などタイヘンなんですよ。でもまあ、長女の場合はどうやら自分でなんとかやってくれるみたいなのでよかったです。問題は次女のほうかなあ…
ところで地図読むのは私、実は得意なんですよ〜。亭主のほうがニガテらしいです。フツーの男女差とは逆でして^^;
シーラカンス
2006/09/23 23:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
実は苦手なこと シーラカンス日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる