シーラカンス日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 英語はスケベ心から?

<<   作成日時 : 2007/01/23 20:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

えっと、とある英国俳優さんのにわかファンになりまして、
日本ではあんまり知られていない彼のことを
もうちょっと知りたいと思うようになり、
時々公式サイトで各種記事や
長いインタビューなどを読むようになりました。
その人以外の話でも、たとえば見た映画や本について
海外の人たちはなんて言ってるのかな?とか、
Wikipediaのアメリカ版ではなんて書いてあるのかな?とか、
こないだのゴールデン・グローブ賞では
どんなトピックがあったのかな?など、
調べ物をする際に結局
英語で読むしかないシチュエーションが
個人的に増えてきました。

さらには最近ちょっとご無沙汰気味のYouTubeでも
海外の人がおもろい映像に「Great!」とかって
気楽に感想を言ってるのを読んだりして、
だんだんと、英語に対する心理的な敷居が
低くなってきたような気がします。
よしよしよしよし。

これまでも「もうちょっと英語力つけないと〜」
とか思って、DVDをわざわざやせ我慢して
英語字幕&英語音声にして観たりしてたんですが、
そーゆー努力はハッキリ言って
大して役に立ってきませんでした。
やっぱり英語は「読むべし」なんですかねえ…。
インターネット上の英文を必要に迫られて
(別にマジで必要に迫られてるわけじゃなく
 読みたい!!という『必要性』ですね^^;)
必死こいて読むようになってから、
テレビでブッシュが会見してる内容とかが
なんとなくイミ取れるようになった気がします。

それにしても…GoogleBarについている
ページ翻訳機能って、腰が砕けそうになりますねえ。
これ、なんとかならんか。って思ったのがそもそも
「ええい、原文で読んでやる!!」と思った
きっかけではあるのですが…(汗)

Colin: Some sort of woodland creature, I don’t know. Possum or an ocelot or something with eyes. And they were for warmth and that’s all I was wearing. And there was a…I needed to open one of the windows for some air. It was a window looking out to the backyard and it was stuck. It was a sash window and I noticed it was actually locked so I went to get a key and I climbed onto the radiator, which, in order to reach it, which was under the window and it had kind of sharp edges, so I needed the slippers and I perched myself on the radiator, opened the lock of the sash and the top sash came slamming down.

Colin: 種類の森林創造物、私は知らない。 ふくろねずみかocelotまたは目との何か。 そしてそれらは暖かさのためであり、それは私が身に着けていたすべてである。 そして空気のための窓の1つを開けるのに必要とされた… iがあった。 それは裏庭に見る窓であり、スタックしていた。 それはサッシュ窓であり、従って私が締まった、窓の下にあったそれに達するために、ちょっと鋭い端を、従って私はスリッパを必要とし、サッシュのロック開いたラジエーターの自分自身をとまり、有した上のサッシュは来ラジエーターにキーを得ることを行き、ことを私は気づき、実際に上ったことを、ばたんと閉まる。


ううーむツライ。アホくさい。
このアホくさい珍妙な日本語を読むよりも
原文で単語力ないままに読んだほうが
まだイミがわかるってなもんです。
もちょっといい翻訳機能どっかにないですか?
ちなみにこれは「Tonight Show」っていう番組内、
短パン一丁で家から締め出されたトラブルについて
面白おかしく語ってるコリン・ファースのコメントで、
映像がYouTubeに出ているので
「画像・音声つき」でオベンキョできるのが
個人的に泣けるところです。

そう、トシ取るまでにもうちょっと
エイゴができるようになりたいんです。ワタシ自身。
せめてアメリカイギリスやそれ以外の国の人と
楽々♪会話が楽しめる程度にはなりたい…。
40歳間近の夢、ってとこでしょうか。

ぺらぺらのruriさんとかヒロシさんとか
英訳ラクラクの平家さんがうらやましいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
わずか3分、このページを読むだけで英語習得の秘密が分かります。
わずか3分、このページを読むだけで英語習得の秘密が分かります。 ...続きを見る
たった1回でTOEIC930点、アメリカ...
2007/01/25 21:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
子供をインターナショナルスクールに入れると親も英語力が付くそうですわよ〜(*^_^*)
いかがですか?
サンタママ
2007/01/23 22:06
パソコンのDVDで映画(英語字幕つき)
見ながらYahooの翻訳で翻訳しながら
見るの好きです。翻訳は辞書かわり
くらいに使っています。熟語や慣用句が
特に便利だと思うのですが。
映画バスター
2007/01/24 02:45
いやぁ、私は全然英語ぺらぺらじゃないですよ。
きっとシーラカンスさんの方がお上手だと思います(汗)。
ruri
2007/01/24 13:33
えいごぉ〜〜〜。
ryi
2007/01/24 17:54
>サンタママさん
え、インターナショナルスクール!?もし実行したら「親が英語力つけたくて子どもをインターナショナルスクールに」っていうその本末転倒ぶりが面白いかもしれないですね…(汗)

>映画バスターさん
いらっしゃいまし。DVD見ながらYahooしながら、というと確かに英語力がつきそうですね!!でもけっこう忙しい視聴になるかも…

>ruriさん
そんなぁ。またまたぁ〜。
昔英語圏に行きまして、ちょっとだけ旅行に来ただけなのに英会話がエンエン続いたもんだから、頭の一部分がキーン、ってする感じがしたんです。いつも使わない筋肉(っていうか脳細胞)が痛い、っていう感覚。「アメリカでおシゴトする」ということがどんなことか想像もつかないですよ…

>ryiさん
ryiさんはエイゴ、いかがですかぁ???
シーラカンス
2007/01/26 08:14
「英訳ラクラク」ってわけではないんですよ。辞書を引き引きやっているだけですから。

でも、知りたいことがあって、手段として英語をやる方が、英語自体を目標にするよりいいと思います。
平家
2007/01/27 15:29
>平家さん
辞書引き引きでも尊敬いたします。本当に。

ところで「知りたいことがあって、それがいわゆる『勉学』とか『向上心』じゃなくて『邪念でたっぷり』」っていうのも、果たして役に立つでしょうか??^^;
シーラカンス
2007/01/28 20:02
きっと、役に立ちます。
でも、邪念にとらわれすぎると、また、別の問題が・・・。
平家
2007/01/28 20:05
おほほ、その「別の問題」が出てきそうな気もしますです^^;
シーラカンス
2007/02/02 23:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
英語はスケベ心から? シーラカンス日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる