シーラカンス日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「兵站」と「ロジ」

<<   作成日時 : 2007/03/25 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

現場へ赴く人たちのことを思い、
その泊まり先、食糧、足、寒さ暑さ、
そういう部分について思いを致して
各種の手配をする、というシゴトがあります。
要するに「兵站」ってヤツですね…。
今回それに近いことをする機会がありました。
亭主にきょう
「兵站シゴトって、なんだか地味に見えるけど面白いね」
と言ったところ、亭主曰く
「それってエイゴでなんていうか知ってる?」と一言。
「えーーー。………知らない。」

ロジスティックスって言うんだよー
 現代では『物流』って
 アッサリ言い換えられてはいるが」

だそうです。ふふーん。
そういえば、聞いたことある言葉ですねぇー。

それにしても「兵站」だと妙に泥くさいんですが、
ロジスティックスとかロジ、って言われると
とってもモダンで妙に
カッコいい仕事のように聞こえますね…なんででしょう。
やっていることは違わないと思うんですけど。

ロジ。そうそう、ロジ担、ってことにしといて下さい。
カッコいい感じで当人的にはゴキゲンなので…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
物流はPhisycal Distribution、Logisticsとは物流も包括したさらに発展的な概念なのだ!なのだったらなのだ!兵站とは単に前線部隊の出張手配をすることではなく、彼らが継続的にビジネスという戦場で戦闘を継続して勝利を収めるまで戦い抜くことを可能たらしめる重要業務なのだ!なのだったらなのだ!

・・・とロジの重要性を叫べば叫ぶほど空しくなるのはなぜだろう(笑
Uジロー
2007/03/25 23:03
チンギスハーンが最強だった大きな理由は色々語られますが、
最大要因として「兵站」がしっかりしていたということだそうです。
しかし、これがまた目立たないんだけど実際は非常に難しい仕事ですよね。
重要な仕事であります。
エイジ
2007/03/26 12:40
チンギス・ハーンとは逆に、兵站が滅茶苦茶だったのが帝国陸軍だったんじゃないかな。補給を考えずに戦線を拡大し続けた。ガダルカナル島での戦死者の多くは、実際は「餓死」だったと読んだことがあります。
asianimprov
2007/03/26 21:04
>Uジローさん
どどど、どーされました。勢いが違いますねえ。「物流はPhisycal Distribution、Logisticsとは物流も包括したさらに発展的な概念なのだ!なのだったらなのだ!」なーるほどねえ。ロジってモノゴトの成否を分けるダイジな部門なんですねー。…Uジローさん、ひょっとしてロジ担?

>エイジさん
なるほど。確かに兵站がしっかりしていなければあれだけ広大な土地を獲得してはいけなかったでしょうものね。それにしても、大陸の殆どを覆うほどの領地…どうやって物流を確保していたんでしょうね。それだけで本が何冊もかけそう、というか、何冊も本がありそうですね。

>asianimprovさん
あー、確かに帝国陸軍はそう聞きますね。足を伸ばせば伸ばすだけ、戦線を拡大すればするだけ、兵站はより困難で苛烈なものになっていく。それが多分戦争のキモとなる部分、なのでしょうねえ。日本の官僚組織ってそういう末端に至るまでの緻密で冷徹な計算、…しなさそうですよね…。っていうか、日本がする戦争って、組織力としてどうにも弱そうだと思うので、さらに戦争反対。
シーラカンス
2007/03/28 07:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「兵站」と「ロジ」 シーラカンス日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる