シーラカンス日記

アクセスカウンタ

zoom RSS そういう年代

<<   作成日時 : 2007/12/21 20:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

「昔は仕事が面白くて面白くて、
 こんなに面白い仕事ができて
 オレって幸せだなあって思っていた」
…と同世代の友人が言いました。
こんなに楽しい仕事でお金もらえて、
なんて幸せだったんだろう、って。

でも40歳を過ぎて、彼にも
「面白い仕事」以外の仕事もたくさん回ってきた。
「管理的な仕事」もしなければならなくなってきた…
40代ってひょっとしたら、
そういう年代なのかもしれません。

そういえば私も昔、外に出られた時期は
時間的には忙しかったですが、
仕事は面白く、とても楽しかったです。
選挙取材で夜中の2時に帰宅して
朝5時に家を出る日々、ってのもあったけど。
その後、仕事相手との時間調整と
育児に必要とする時間との狭間で疲れ、
現在のような状態を選ぶに至りましたが、
あの頃に戻りたいなあと、時折思います。
…ムリだけど。

今はムチャクチャな残業はありませんが、
仕事にビビッドな色彩はなくなりました。
前みたいに飛び回れたらいいなあ、って思う。
でも、「仕事が面白くて面白くて」
と言える時期を過ごせただけでも幸せ、
なのかもしれないですねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
わたしも仕事が楽しいが時期ありました。ずーっと昔ですけど。基本的に仕事をするのは大好きで、でも時間に縛られて、いろいろあって娘が小学校にはいる時退職しました。職種でステップアップできないし、残業もできなくて、負けたのかもしれない。結婚願望もなくて、子供も望んでいなかったのに、両方とも得ることができた。贅沢かもしれないとわかっていても、仕事も、夫も、子供もと欲張ってしまう。そして、また仕事したくてたまらない、そんなものかもしれないです。
rosso
2007/12/21 23:34
今の20代、30代の不幸はいきなり「40代」みたいなところからキャリアをスタートしなくてはいけないことかもしれません、なんてことをちょっと思いました。薄々気付かれているように、そういう年代ではなくそういう時代かも。つまり、世の中全ての仕事がつまらなくなったというわけです。

まあそういうみんなが仕事を嫌がるときこそが儲けどきという面ももしかしたらひょっとしたらたぶんおそらくあるのかもしれませんが(笑)
Uジロー
2007/12/21 23:37
でもまぁね。
そんな40代こそ人生の味がわかるようになったともいえるのではないでしょうか?
エイジ
2007/12/22 18:56
同感。 20代の頃は、仕事に時間を費やしても、犠牲になるのは
自分の時間位です。 でも子どもがいると、子どもを犠牲にするわけには
いかないので、健康的で地味な暮らしを営むようになります。 
まさにそういう時期、そういう年代なんだと思います。 
自分の自由自在になる時間や体力が減った分、若い頃より少し
いろんなことがわかるようになったので、私も人間は40からでは?と思っています。
naonao
URL
2007/12/23 04:41
心理学でいう、発達段階、ですから。それぞれの年代で自ら解決すべき課題をクリアして、今を楽しんでください。昔は良かったかもしれないけれどね。将来が悪いとは限らない、輝かしい中年、老年かもしれない。決まったものではない。今を生きよう。
tatsuuma
2007/12/23 05:44
私は現職につくのが遅かったので2年目で結婚、3年目で出産、で仕事がおもしろい時期と子育ての時期が重なってしまっています。今は研究者に近い仕事をしているので時間のゆとりはあるのかな〜。頭はフル回転なんですが。今のところは昼間は頭フル回転、朝晩はテンション高く体フル回転(笑)でなんとか楽しく回っています。しかしそうこうしているうちに管理的な仕事も見えつつあって、もう少し自分が動いていたいなあと思っています(^^)
ちろなか
2007/12/23 06:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
そういう年代 シーラカンス日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる