シーラカンス日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 子どもたちが好きな場所

<<   作成日時 : 2008/03/01 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

子どものお友達2人が、
我が家にお泊りに来ました。
で、次女6歳+お友達6歳+お友達3歳の3人が
夕飯の後、遊ぶに任せていたんですが
(10歳長女は自分の部屋でナニやら
 ごそごそ一人『執筆』していた)、
和室に3人分並べてフトンを敷いてあげたら、
その後、カラッポになった押入れに
条件反射の如く3人でもぐり込んでいきました。
基地ごっこ、するらしいです。
…って、何の基地?^^;

それにしても子どもって、
なんで押入れとか物置の中とか屋根裏とか、
暗くて狭いところがああもスキなんですかね。
何か大きな段ボールの荷物とかが届くと
目がきらきらしてきて、
こっちはつぶそうと思っているのに
ずるずる持ってっちゃいますからね。
あーそれ、今度の資源ゴミの日に出すのよー
持っていかないでー入らないでー
部屋代わりにしないでー
何かヘンなもん貼らんといてー
って毎回思うのですけど。

押入れの中にも今回
絵本やらリカちゃん人形やらLEDランプやら
いろいろ持ち込んで、彼らなりの
「快適性」を増す努力が施されてて
思わず笑いました。
ひょっとしたら子宮の中の雰囲気に
似てるんですかねえ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
子宮とは、飛躍が過ぎるように思います。子供は、今、存在している空間が大きい、世界が途方もなく想像もできない大きさのようなので、戸惑い、手がかりが薄いように感じられるので、狭い、隅っこ、または穴蔵のような自分の体のサイズがちょうど収まる場所が心地よいのではないかと、思います。かくれんぼ、もそういう快楽があるから、子供の遊びとして昔からあるのではないかしら、と思います。
tatsuuma
2008/03/02 00:09
等身大の世界、とでもいうのしょうか。遊園地の電車は、普通の電車より小ぶりです。押入れ、蔵、座敷の床の間の隅、マンションならベランダ、。飼い始めた子犬の犬小屋、こういう空間に親近感を抱いた記憶があります。
tatsuuma
2008/03/02 08:16
うちの次男(10歳)今でもやってます(^_^;)
学習デスクと椅子の間に毛布を広げて乗せて中に籠もってます。三男が遊びに行って二人でこそこそやってます。
今はもう自分で片付けてくれるのでいいんですけどね〜。
ダンボールも大きければ大きいほどそそるらしいです。
サンタママ
2008/03/02 12:38
うちも段ボールを空で置いておくといつのまにか
なくなっています。
戻ってくるときは無惨な姿・・・。
水の真四角の段ボールが行きに入りです。
体育座りで和んでると・・・
心配になります
ゆうづき
2008/03/02 16:47
>辰馬さん
子宮、っていうよりも、普段生活している家や周囲の場所が、なんだか全く違うものに見える、なんだか違うものに変化するときの、その想像力のドキドキ感、みたいなものが子どもの目をきらきらさせるのかもしれないですね〜。本物じゃなくても子ども自身の想像力の中で「本物」にする、面白さと言いましょうか。

>サンタママさん
あ、ご次男も「閉じられた空間ごっこ」されていますですか^^;ウチも多分、ホントはやりたいんだろうなって思うんですよ〜。一応「もうオトナよ」って顔してますけどねぇ。その代わりに最近は二段ベッドの上によじ登り、そこだけは「自分の空間」としたいらしくて、次女やそのお友達が昇ってくると撃退しています^^;困ったもんです。
シーラカンス
2008/03/02 17:08
>ゆうづきさん
あー、やっぱりねえ…そういうもんなんですねえ。段ボール、持っていってもなかなか戻ってこない上に、置きっぱなしにしておくと妙に場所はとるわ、部屋がみすぼらしくなるわで困りものなんですよねえ^^;えも、段ボールの中で体育すわりしてるお子さんの姿、なんかカワイイです…^^
シーラカンス
2008/03/02 17:10
話は飛びますが、映画も、閉ざされた空間を現出させるもの。先ほどワウワウで放送していた市川昆監督の『娘の結婚』小津さんの『晩春』のリメークですが、感動しました。セットの家がお見事!鈴木京香は原節子に負けず、市川さんのスタルジー世界がありました。神は細部に宿る、監督はディテールにこだわる人だったとか。家も見事でした。
tatsuuma
2008/03/02 18:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
子どもたちが好きな場所 シーラカンス日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる