シーラカンス日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑念の宝庫

<<   作成日時 : 2010/01/21 08:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 11

電車の中というのは、
東京に比べれば関西の方がまだ
ある程度すいているということもあり、
いわば「雑念の宝庫」になります、ワタシにとって。
電車のなかで見かける多くの人の表情や洋服、
中吊り広告、車掌さんのアナウンス、
車窓からみかける外の車やビルの様子。

あの人のコートカッコいいなあ。
ダウンコートって最近は
ウェストシェイプされてるのが主流なんだなあ。
家にあるあのダウン、これじゃもう外に着ていけないよ。
この人の髪きれいだなあ。どうやって染めてるんだろう。
なるほど、アップにするときはああいう風にまとめるんだ。
あの男性のスーツ、いい生地だなあ。

女性専用車両って不思議だなあ。
ジェンダーで分けるのって、
もしかしたら日本的な感覚で、
ラテン人はやらないんじゃないかなあ。
たいてい間違えて乗っている男性いるなあ。
でも大概全く気付かないのはどういうことかなあ。
赤ちゃんの男の子は、入っちゃいけないのかなあ。
男性専用車両ってあったらどうかなあ。
男性たちはそこに入りたいもんなんだろうか。
間違えて女性が入っちゃったら
女性は居心地悪い思いをするのかなあ。


保育所に通っていたときには、
メインで車通勤をしていました。
職場近くに駐車場を借りて、
家と保育所と職場を三角で
連日何度も何度もぐるぐるぐるぐる。
日常場面としてみるものは当時
「保育所」「家」「職場」だけで、
その間のプロセス、ありとあらゆるディテールが
完全にすっ飛ばされていました。
日々の買い物も、生鮮食料品に至るまで
ネットで注文して家に届けてもらっていたので、
「買い物」でお店の人やお客さんと触れ合うこともない。
ロードショーもない、ライブもない、飲み会もない。
そして、私はだんだんと煮詰まっていき、
「見知らぬ人との邂逅」を求めて、
ついついインターネットに
依存症のように没入していったわけです…

電車の中にいると、
なんてことのない雑念が
いろいろ想起されてくるのです。
そういうとき、私はiPodを止めて
あたりをもの珍しげに見回します。
自分の脳の中に無意識の間に
蓄積されていく不思議な想念が、
知らないうちに醸成され、その後忘れた頃に
何か仕事上のアイデアになったり
興味の対象につながったりする。
そんな気がしています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
電車の中いいですよねぇ。
私もよくマンウォッチングをします。
楽しいです。
ryi
2010/01/21 23:15
そーなんです。
人の波の中にまぎれてみる。っていうのって、
実は心の栄養になるんだなあ。
なんてことを感じています。
シーラカンス
2010/01/21 23:33
ちょうど私は”保育所に通っていたとき”状態です。この間、会社の若い子がリボンのついたかわいい服を着ていたので「かわいいね」と言ったら、「今年はリボンのついた服が流行ってるんですよ」って言われました。へーっって感じで、取り残されてるなぁって思っちゃいました。
あゆ
2010/01/22 00:22
>あゆさん
その中に今こそドップリ、っていう方きっとたくさんおられるだろう、って思いつつ書きました。周囲には「働いてるしいろんな人に会えるでしょう」って思われるんですが、なかなかこれがねえ…子どもがアカンボのときに比べればまだしもですが、この「煮詰まり感」「情報の少なさ感」って、渦中でないとなかなか想像つかないのかもなという気がします。あともうちょっとの辛抱だと思いますですよ!!息抜き上手にやって下さい〜。

「リボンがはやってる」んですか!それは私もへーっ、って感じです。今年は黒と細身ダウン、一癖ニットなどがはやってるなぁというのは感じますが…
シーラカンス
2010/01/22 08:34
たまにバスに乗るとすごく刺激が…
なんだか浦島花子になってる、じぶん。
なかなか知らないことを知る機会ってないなぁ。
rosso
2010/01/23 02:02
 そうそう。 ”保育所に通っていた時””小さい子を育てている時”の煮詰まり感。 私もそうでした〜。 シーラサンも同じ思いをされていたとは、少し意外でうれしいです。 今は保育所がなくなっただけで、職場と家との往復(私、徒歩通勤なので)は変わりませんが、近所のスーパーに一人で買い物に行くことも、立ち話することも(子ども小さいとそれさえも難しい)、本を読んだり、少しはじっくりテレビを見ることも、飲み会も許されるようになりました。
 数年間の乳幼児の子育て期間だけど、その煮詰まり感を少しでも和らげることって必要ですよね。 そういう点では、時間を気にせず、人に邪魔されないネットの世界があってよかった。 
naonao
URL
2010/01/23 06:44
電車もいいですが、バスもいいです。京都の市バスの、利用者ののんビリ加減がたまらない。何時くるとも分からないバスを待ち、乗っても何時つくとも分からない多くに停車場に止まり、のんびりしている。独特の世界がある。時代が戻ったような。市電も、京都と大阪と神戸が、大分風情が違う、また大阪環状線が楽しい。これは東京の人には分からない感覚だろう。大阪阪堺線も。こちらは、早稲田あたりを走っている路線と共通の雰囲気がある。東京では、地下鉄が地上に出るところが好き。お茶の水、四谷など、神戸の地下鉄にも名谷手前で地上に出ると、開放されたよい気分になるもんです。
tatsuma
2010/01/23 13:18
>rossoさん
人の群れの中に身を置くとすごく刺激がありますよね〜。(シゲキがと書いて変換すると繁樹がになる。誰)昔、人ごみってそう好きでもなかったのに、最近は逆に空気を求めるように人ごみを求めてるような気になることがあります。

>naonaoさん
あの煮詰まり感って不思議ですよねえ。で、子どもが保育所から出たあとも結構車を使うことが多かったんですが、「なんでこうも情報量が少ないのだろう?何か閉塞感があるのはどうしてだろう?」って思っていて、電車を使うようになって「あーそうか」と思った次第でした。

そういえば子どもが小さいときは、ゆっくり風呂にはいることもできなかったですもんね…遠い目になってしまいます。1人目のときはネットであんまり遊べていなかったんですが、2人目のときはんもう、遊びまくり!でした。
シーラカンス
2010/01/23 20:42
>辰馬さん
確かにバスいいですよねえ。今住んでいるところは駅からバスに少々乗るところなんですが、バス停やバスの中でもヒトとの出会いはあります。30分以上来ないバスに業を煮やし、タクシーを呼び止めて乗り込んだときがありまして、そのときおなじくバス停に立っていた女子高生を一緒に乗せてあげまして、それも一つの出会いでした。

路線には各々、いろんな味わいがありますね…東京の場合、大学時代に通った山手線も懐かしいですし、東急東横線や中央線、小田急線も懐かしいです。バイトとか通学で通ったなぁ〜
シーラカンス
2010/01/23 20:45
シーらさん、雑念する暇がない素晴らしい車窓光景。日本三大車窓の一つ、篠ノ井線姨捨駅から長野駅までの長い下り。ながーい、傾斜のゆるい遅いジェっとコースターのようですよ。雑念の暇のない至福の旅の光景。
tatsuyuma
2010/02/27 20:57
>辰馬さん
いいですね!車窓からみた美しい光景…そういえば昔、リアス式海岸に沿って走る電車からみる夕陽、というのを見たことがあり、その美しさに絶句したことがあります。電車の旅もとてもいいですね〜。
シーラカンス
2010/02/27 21:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雑念の宝庫 シーラカンス日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる