メアリー・カサットの魅力

メアリー・カサット展に行ってきました。よかったです。感動しました… 前々から好きなのです。子どもや女性像が魅力的なので。たとえばこれ。 https://www.wikiart.org/en/mary-cassatt/baby-reaching-for-an-apple-1893 ( 林檎に手を伸ばす子供(赤ん坊)(Baby r…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペインの思い出

昔30年近く前。 大学卒業旅行で22日間西ヨーロッパの旅行をしたとき、 最後の滞在地スペインで体調を崩したことがあったんでした。 「生水を飲んではいけない」とかばっかり気にしていたため、 ろくに水を飲んでいなかったのでした。 喉がめったやたら乾くので、飲み物を買おうと 缶を買いに出たところ、売っていたのは ソーダとかコーラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰かのことを想うことで

誰か、自分以外の人のことを想う、考えるということで、 人生のバランスが変わる、 思考のベクトルが変わる、っていうことが あるんじゃないかなあって思う。 それは、ロマンチックなことではなくて、要するに 自分以外の人のことを考えるようになって初めて何か 見えてくるものがあるというか。 それまで管理職じゃなかった人が管理職に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クルマと体の大きさ

身長190センチの友達がいます。 彼に「何のクルマ乗ってるの?」と聞いてみました。 クライスラーの300Cとかいうクルマの、 セダンではなくツーリングワゴンらしいです。 彼は数十年前の昔、 「キャデラックかトッポしか乗れない」って言ってて それがとても面白かったひとなのでした。 私は身長157センチなのでまあ 乗ろう…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「博士と彼女のセオリー」を見ました

「博士と彼女のセオリー」を次女と一緒に見てきました。 ここ数週間、「グランド・ブダペスト・ホテル」、 「はじまりのうた」、「イミテーション・ゲーム」、 そしてこの「博士と彼女のセオリー」と、 連続して3つのアカデミー賞関連作品を 見て来たことになります。 今回の博士…ではホーキングその人を演じた エディ・レッドメインが…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

同じ趣味のヒトを育てる

最近、映画館に実によく行っています。 ほかでもない、次女(13)が映画好きに育ちました。 「今度は絶対インターステラー行こう」 「次はグランド・ブダペスト・ホテルだー」 「んでワタシは今度シェフ見る」 という感じ。あたふた。 ワタシはコメディ系、ミニシアター系が好きなのですが 次女の場合は大掛かりなSFや マーベルなどア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大統領の執事の涙」

次女(12)が、最近、なにやら 世の中の「偽善」や「欺瞞」についてウルサイです。 道徳の授業とかで先生から 「この文章を読んで感動したことをベースに ここに書かれていることをどう活かしていくか クラスのみんなで話し合いましょう」と言われ、 それがストレスだった模様です。 感動してないのに、正しいと思うわけでもないのに、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あのとき、同時代を駆け抜けたスケーター

本当に感動しました。 浅田真央選手の素晴らしい演技。 ショートプログラム後の愕然とした表情は とても心が痛みましたし、 娘を持つ一人の母親として、 天国のお母さんのことを思うと どんな気持ちで見守っておられるんだろう、 ああいう状況になった娘に対して なんて声をかけてあげたらいいかすら 同じ母親としてわからない…、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紙の手帳

紙の手帳を使っていたのは、7~8年前ぐらいまででした。 それまでは結構あの手触りが好きで、「ほぼ日手帳」とか使ってました。適度な分厚さも良かったですし。革の表紙のものなんかも欲しくて、時々は買ったりしてたのです。でもダメだった。 それでは到底、複雑な日常をこなせなくなっていったのです… 一番の原因は、「子どもたちの成長」でした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゼロ・グラビティ

「ゼロ・グラビティ」を見ました。今にして、ようやく。 心を閉ざしていた一人の女性が再生する物語、と見ました。 IMAXシアターで見たんですが、まあ、 本当に広くってさみしくってコワくって 大変でしたです。 あー、あんなことになってしまうだなんて、 できれば宇宙、行きたくないっす…(大汗) 今回、当初何に一番感嘆したかと…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

マクドナルドになぜ行かなくなったか

マクドナルドのことが記事になっています。 利益が半減したということで結構いろいろ書かれているんですが よくよく見るとそれでも100億円の利益を上げているんですね。 それはすごいことだと思いますけども。 「日本マクドナルド、利益半減の理由は「20代のマック離れ」?」 かつて、子どもが小さいときは ずいぶんお世話にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費の年代差

長女(15)がコートを買いにいきたいというので、 一緒に近くのターミナルまでいきました。 長女がほしがったのは、ちょっと薄めの色合いのダッフルコート。 高校に入ってからウールのコートを上着に着ていくようになったので 制服の紺色に似合う色合いのミドル丈のコートがほしくなったようです。 で、見てみたんですが… 長女がほし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スパムもいろいろ

競馬という娯楽には参加してません…というか、 三連複ってなんですか状態です。汗。 ああ、この場合、競馬と書かないところがキモなんでしょうか。 皆さんお気をつけください。 スパムって本当にいろいろありますねえ。 ______ こんにちは! 先週の「三連複&三連単的中モニター」にご参加いただいた方 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「風立ちぬ」を見て

「風立ちぬ」を次女(12)と見てきました。 なんというか、業の深い映画だなあ、 という印象を受けました。 宮崎駿は、牧歌的な画を描こうだなんて これっぽっちも思っていなくて、 自分自身から見えているこの世を 堀越二郎という人物の視点を通して 語ろう、描こうとしている、ように思えました。 二郎が夢の中で会話している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚構の癒し

TwitterやFacebookをやっていると、時々 「うそーん」と驚くような記事が紹介されることがあります。 で、それは問題なくちゃんとウソなんですけど、 ウソである、虚構であると気づくまで数秒感ぐらい どきどきしたりします。虚構新聞です。 ありそうで、実はウソ。 という記事ばっかり載っけている冗談サイトで 社主もち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログを始めてから

考えてみたら、ブログを始めてから かれこれ9年ぐらい経っています。 始めたのは2004年の11月なので…。 その前は仕事でつらつら 日常のあれこれを書く気軽なメルマガをやっていて、 それが面白かったので文章を引き続きやりたくて ブログなるものを始めてみたのでした。 世に「ブログ」的なものが誕生したのは このリンクによ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「気象庁の誤報を考える‥良い機会?」について

「気象庁の誤報を考える‥良い機会?」について。 携帯がビュワッビュワッと鳴りだしたとき、 私は次女(12)のバレエ発表会のリハーサルを ちょうど見守っているところだったんでした。 この音は以前にも淡路島が揺れたときにも経験していましたし、 岩手に行ったときにも震度5の地震を受けて鳴っていたので、 一応、これが何を示す音な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

離任式

次女(12)の小学校で教えていた図工の先生は じつは音楽が好きで、あいている時間は歌を歌っていたという。 先生が特に好きなのはクラシックだったらしい。 ある日、先生が離任することになった。 でも離任式には都合で出られなくって、 このため小学校の朝礼で、 先生からみんなへのメッセージの声を吹き込んだ 音声が流れた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マイブームのモノ

最近マイブームのものがいくつかあります。 一つは、スパイス&ハーブ。 スパイスとハーブは、適切に使うと 驚くほど料理をスケールアップしてくれるというか、 別物にしてくれます。 特に、オレガノ、フェンネル、ローズマリー。 オレガノは、トマト料理とかにいいですね。 ミネストローネで炒めたタマネギや トマトにあわせて適切に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「きっと、うまくいく」

インドの映画をきちんと 全編見たのって初めてじゃないかなあ~。 すごく面白かったです。 インド映画ってなんとなくイメージ的にコッテリしてて もしかしたら胃もたれするんじゃないかしら、 という気がしていたのに、そんなことは無かった。 エンタテインメントとしても大変楽しかったし、 さわやかさもあるしミステリーっぽい要素もあるし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more