「男はつらいらしい」

これはタイトルが面白いですねえ。
抱腹絶倒だった「負け犬の遠吠え」に比べると
相当、そのー、考え込まざるを得ないというか、
男性ってこーんなにつらいのねえ、と
思う本ではあります。
書いた人は酒井順子さんと同い年、
昭和41年生まれの40歳(ちなみに私も同い年^^;)。

男がつらいのにもどうやらいろいろあるようで、
「結婚できないのがつらい」
「男性更年期がつらい」
「『男らしさ』の呪縛がつらい」
「父親らしくできないのがつらい」
というようなラインナップで…。
この、「男性更年期」とか
「男らしさの呪縛」あたりの話は
確かにつらいだろうなあ、
男性も乗り越えるのが大変なんだろうなあと
シンパシーを感じる部分が多々あったのですが、
面白いけどなかなか理解しがたいと思えたのが
「結婚できない」男性たちについての章でした。

著者の分類によると、
結婚できない男性には
「モテない系」「ビビリー系」「低温男」
「白雪姫求め系」などがあるそうなんですが…。
今回ここに出てきた男性たちそれぞれの話す
「言い訳」「事情」「説明」を読んでいると、
どうもあの「負け犬の遠吠え」に出てきたような
「自らを日々磨いている元気な独身女性たち」が
彼らと「異性」として出会う日は多分、
一万年待っても来ないんだろうなあ…(汗)
という感じに思えたのでした。

自身が40歳をかなり過ぎているのに
「やっぱり結婚するなら20代ですよ」と嘯く男性。
「多くは求めませんよ。清楚で上品で
 料理がうまくて家庭を守ってくれさえすれば」
と諸条件をするする並べ立てる男性。
女性の部屋に初めてお泊りしても
「俺、先に寝るね」ってホントに寝ちゃう男性。
こういう男性が現実に居るのだとして、
彼らをなんとか結婚の場に
引っ張り出すことが出来たからといって、
それって本当に女性たちの幸せになるの?
お互いに幸せになれるの?
なんて思ってしまったのです。

そもそも女性にも女性自身の人生と
乗り越えるべき課題や山があるのに、
男性側にそれが見えていないのだとしたら。
女性が男性にとって人生の単なる
「オプション」にしか見えていないんだとしたら。
一緒に手に手を携えて課題を解決していこうね、
病めるときも健やかなるときも。
って二人して思えて初めて互いを
ベターハーフだって言えるわけで…。
自分の都合だけで結婚生活を
送るわけじゃないですからねえ。

非常に面白かったんですが、
ツラーい、と思う部分も多い本でもありました。
しんどいこともいろいろありますけど、
自分なりに楽しく生きていこうっと。
なんて思ったのでした。

男はつらいらしい (新潮新書 228)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月12日 12:12
おもしろそうですね。読んでみます。
う~ん、男性はいまだに何十年前も前の結婚観のまま生き続けてるような気がします。いつまでも母親は自分の「男の子」という感覚から抜けてなくて、本人もすっかりいつまでも「男の子」気分なのかも。自分だけを大切にしてくれる「お嫁さん」がほしいんでしょう。あ、マザコンていうのではなくて、自分だけが好きっていうやつかな。わたしが張り倒したくなるタイプです。
2008年01月13日 10:28
あら、面白そう(*^_^*)
息子を見ていると長男って特にマザコン傾向が強くなる気がします(-_-;)
それはママが好きって言うレベルではなくて「独り立ちできない」って言う意味で・・・。
キチンとした一人の人間にするためにどうすればいいか…悩みますわ~(-_-;)
シーラカンス
2008年01月13日 23:28
>rossoさん
面白かったです^^ 「負け犬の遠吠え」ほどの突き抜け感はなかったのですが、独身女性である著者自身が、異性である男性を前に色々と「なんでこうなるの?」と思いなやんでいる姿そのものも、なかなかにして共感を覚えました。彼女自身が自分の仕事の夢などをマトモに男性に話してしまうと男性からドン引きされてしまう話なんて、ナミダなしじゃ読めなかったです^^;

>サンタママさん
はは、面白かったです。男性って多分、「ここまでは人がやってくれるもんだ」と無意識で思っている部分が多くて、しかもそれを急に若い女性などに非難されると「なんで?どうして?今まで誰もそれを怒ったりしてこなかったよ?」って不思議に思ってしまうみたいですね…。自分が自分の面倒を見られず何かがヌケていたとしても、オッサンになったら誰もフォローなんかしてくれないんだ、ということを悟って初めて『大人』になったと言えると思うのですが、一生誰かがフォローしてくれてしまっている状態のまま大人になっている人も多いだけに、イザ結婚のときに悲劇が舞い降りる、ような気もします…。
2008年01月14日 16:23
これ、私の持論なんですが・・・
父親との関係が良くない女の子は離婚する。
なら、結婚できない男の子(40歳に子はないか?)は・・・?
母親との関係が・・・?
私のいとこはイイ男なんだけど
でも今更結婚の場に引っぱり出しても・・・と思ったりしています
シーラカンス
2008年01月15日 06:41
>ゆうづきさんなるほど、父親との関係がこじれていたりした場合、一つの大事な「お手本」がなくて苦労する部分があるのかもしれないですね…もちろん素敵な家庭を築いている例もたくさんあるのでしょうが。

結婚が無条件にいいものだ、とは言えない。というのは既婚者なればこそわかってる部分ですもんね^^;結婚していない男性や女性をそういう場に引っ張り出すのも、当人の幸せになるかどうかが一番の問題なんだよな~と、ホントそう思いますねえ。独身の楽しさも苦労もいろいろあるでしょうし、結婚したらしたで、別の苦労もありますもんねえ。

この記事へのトラックバック