ロードショーを久々に♪「Sex and the City」

こないだ久々に見ましたよ、ロードショー。
子どもたちがキャンプに行っているこの貴重な間、
子ども連れなんぞじゃぜーーーったい見られないものを、
って思って、大きなシネコンで見てきました。
「Sex and the City」です。
これ、テレビ番組のほうのDVDも少々持ってるんですが、
そっちのほうは相当あけすけな話ばっかりで
個人的には少々食傷気味だったんです。
まだ「フレンズ」とかのほうがいいような…。
つい、考えることは「それ」ばっかりか!
って感じがしてしまって。

それに、Mr.Bigもまあ、
設定上しゃーないって言えばしゃーないんでしょうが、
なんだかあまりにも煮え切らなくて
何考えてるんだかわからん部分が多くて、
こーんなに思い惑うわけわからんオトコ、
追いかけてるヒマなんてアンタ、
年齢的にもないんちゃうん、キャリー!
って内心思ってたんです。

でも映画では、その部分はかなり影をひそめていましてね。
女同士で語る話も、4人の周囲に子どもたちもいるせいか、
かなりマイルドになっていて、
テレビのほうにあったあのあまりにも
あけすけな感じはありませんでした。
さすがにみんな、40代になった、ってことなのかな^^;

「スシの女体盛り」は笑えましたがね。
キム・キャトラル、えらいなあ。
この人かつて売れない頃のシャロンストーンとかと一緒に
色気たっぷりのシーンを演じてた女優さんですが…
苦節何十年で得た面白い役を
今にして愉しんでいる感じがすごくあって、
好感度めっちゃ大です。突き抜けてるなあ。

ミランダのエピソードもよかったです。
夫とのトラブルが発生し、その後夫婦が別れ、
そこから二人がやり直していく過程もとてもよくて、
思わず感情移入してしまいました^^;はは。

それと…

今回は、セックス・アンド・ザ・シティというタイトルとはうらはらに、
女性同士の友情の方がしっかり描かれている気がしました。
これはやっぱり、最後のあたりのシーンも含めて
女性のための映画、ガールズ・ムービーですねえ。
男性が見て本当に楽しめるかどうかは、
ワタシにはわからんです…
あ、あとは、ファッションに興味ない人も
楽しめるかどうかわからんです。

ジミー・チュウの青いハイヒールパンプスが
主人公にとって二重三重四重にどういう意味を持つか?
ということを読み取れないと、ちょっと難しいかも^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年08月31日 23:45
うーむ。ファッションがわからない中年男がひとりで見に行く映画ではなさそうですね。(^^)

大人ふたりでポニョを見に行きました。洪水の海にシーラカンス+古代魚?がいっぱい泳いでいて、そっちが気になりました。(笑)

いかにも<宮崎アニメ>でしたが、絵が粗い感じがした。手描きだからかな。
2008年09月01日 11:02
わたしも見ましたよ~
TV版はレンタルで全部見ました。
わたしはこういうパワフルな女性のドラマが大好きなんですけれど、周囲にはファンがいません。
ま、TV版はたしかに放送していいのかな~って思うこともたくさんありましたけどね。
でも映画はけっこうじーんとくる場面も多くて、TVとは違いました。
それにしても、キャリーのドレス!すばらしくすてき?そしてbigのああいう性格…どうにもなりません。映画となるとそれまでのストーリーと違ってきてガッカリも多いのにこの映画は楽しめました。やはり、一人でこっそりしっかり見る映画でした。
シーラカンス
2008年09月06日 08:57
>asianimprovさん
うーん、男性が1人で見に行くのはひょっとしたらちょっとキッツいかな~~^^;という気がします。いやその、単なるワタシの印象なので「うそやーんおもろいやーん」ってこともありうるかもですが(汗)

ポニョいいですね!早く見に行きたいです。家族全員で行けそうですし、早く行かねば…

>rossoさん
おおお!TV版は全部制覇ですかーそれはすごい。キャリーもわかりやすい美人ではないしスタイルもいいわけじゃない、ファッションも実のところちょっとビミョー。だからこそ現実味薄くていいのかも、って思ったりもします。

雑誌の記事で「4人がNYのキャリアウーマンだちゅーが、全員、映画中働いてるシーンを合わせても1分にも満たんぞ」というツッコミが書かれてるのを見て「そーいや確かに」って思い出しました。女性の単純な夢の世界なのかも。第一マンハッタンで個人の部屋をアッサリ持てる層ってものすごい年収の人たちだって言いますし…
2008年09月11日 09:12
シーラカンスさん、はじめまして。
"SEX AND THE CITY"を検索してこのブログを見つけ、コメントさせていただきます。私は昨日この映画を観てきたばかりです。
4人の女性はパワフルでありながら悩みがあって人間的だなと感じました。ちょっと現実味が薄いけれどそれもまたいいのかもしれないなと思いました。
シーラカンスさんの他の記事も少し読ませていただきました。男女をテーマにした記事、とても納得できるものがたくさんありました。
またコメントさせていただきます♪
シーラカンス
2008年09月13日 09:29
薫の君さんどうもいらっしゃいまし。面白かったですよね、思った以上に長かったんですが、でもそれでも大丈夫でした^^
ミランダがあの4人の中ではワタシにとって一番現実味ありましたですねえ~、なんか。キャリーがいくつもいくつもウェディングドレス着るシーンはすごく面白かったです。あのシーンって、ある意味オンナにとって「着せ替え人形の楽しみ」なのかなーっていうか…そんな気がしました。
またぜひお越し下さい♪

この記事へのトラックバック