カラヤンの歩み

あれは確か土曜日の夜、
BSでカラヤンのドキュメンタリーをやってて
ついつい深夜まで見てしまいました。
クラシック音楽はぜんぜん詳しくないんですが
とても面白かったです。
最後は午前1時半あたりで眠くなってしまって
ギブアップしましたが…

怖そうなカラヤンだけど
最初の楽団では食うや食わずの状態だったとか
楽団員に楽譜のウラから銃で殺されかけたとか、
オクサンと初めて会ったときは
一緒に踊って足踏みまくったとか、
だからダンスを密かに習いにいったとか(あのカラヤンが!)
オクサンと娘たちが美人です。
ご当人も整った顔立ちだし、
いわゆる理想的なロマンスグレーですねえ。
完ぺき主義の、少々(っていうか相当)難しい人の
いろんな面を紹介していました。

音楽の理解度とダンスのうまさは別モノなんだなあ。
音楽にはむちゃくちゃ厳しいはずの彼が
家に戻ると違う顔をしていたり
ヨットを上手に操ったり自家用機を操縦したり。
家族や妻にとっては魅力ある人だったんだろうなあと思って。
でもさぞかしコワかったんでしょうね~楽団員にとっては。
そしてレコーディングと映像化に凝る人だったからこそ
あれだけ名声が世界中に広まったという話も。
もうちょっとだけでも長生きしていたら
その後、どうなっていたでしょうねえ。

あのドキュメンタリーとっても面白かったんですけど、
誰か録画してないですかね~~~^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月14日 23:41
へぇ~見たかったですね。その番組。
最近、自分よりも凄い人を探して
無条件に感動したいんですよね。
shiroshiro
2008年11月15日 23:47
見たかったです~~。
カラヤン大好きなんですよ。うちにあるクラシックCDカラヤン多いんですよ・・・。
シーラカンス
2008年11月15日 23:51
>エイジさん
ええ、面白かったですよ。結構ドキュメンタリーとしてはあんまり技巧に走らず訥々とした作りで。でも主人公が巨大な人だからとてもドラマチックで…魅力的でした。

>shiroshiroさん
そうなんだ~クラシックよく聴く人なんだ~知らなかったです。クラシック門外漢なんですけど、それでもあれだけ面白かったんですから、詳しい人が見たら「わー!誰々がインタビューに答えている!わー!誰々が一緒に演奏している!誰々が怒られてる!」って大興奮かも。

この記事へのトラックバック