Gustavo Dudamel(グスターボ・ドゥダメル)に夢中

実はおととい、グスターボ・ドゥダメルという、
若いベネズエラ出身の指揮者が指揮する
オーケストラコンサートの番組が深夜に放送されていました。
つい何の気なしにチャンネル合わせて見始めて、
その魅力にノックアウトされてしまったのでした。
見た目ホリエモンにロナウジーニョの髪型、
みたいな感じではありますが、
なんせ指揮する表情がいいんです。
そして、ドゥダメルも若いですが、オーケストラも若いです。
演奏者たちもみなベネズエラ出身。
シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ」(ふー…。長いわ
というオーケストラだそうです。
クラシックはサッパリわからんのですが…
夢中になりました。ぜひ見に行きたいなあ。

演奏者たちも指揮者も活き活きしているし、
団員たちとドゥダメルとの人間関係のよさというか
信頼関係がわかるような気がします。
団員たちがみんなドゥダメルのこと、
すごぉーく好きなのが見てとれる感じ。
そのドゥダメル、指揮しながら
自分の表情と指揮で皆をどんどんノセていって、
ステージも会場も熱気がみるみる上っていきます。
なんか、合唱団を率いる学校の先生みたい。
ってこれ…クラシックのコンサートですよね…
いや、実はこれはクラシックの姿を借りた
ラテンミュージックなのか?リズムも超いい。
なんだか「ライブ感」があるんですよ。
ロックコンサートみたいで。

一番ノックアウトされたのが、
アンコールで出てきて演奏した「Manbo!」でした。
こぉーんなカッコいいオーケストラ、見たことないです。
一昨日の映像は日本国内でのコンサートで
非常に音もよかったし演奏もすごくよかったんですが
それに近い雰囲気だとすると下記の映像でしょうか…。



っていずれリンクが切れるかもしれないのでもうひとつ。



あー、どうか誰か、このオーケストラとこの指揮者の
ライブDVDを出してくれませんでしょうか。
ワタシ買います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ボギー
2009年02月23日 17:57
はじめまして、私も半年前から気になって、初来日コンサートに行ってノックアウトされました。クラシックの新世界ですね。まったく新しい。まさに天才です。オケもリズム感がいいので、大人顔負けです。他のオケのコンサートいけなくなってしまいました。彼らのライブ映像はプロミスオブミュージックというDVDに収められています。ドキュメンタリーとベートーベンの3番です。
シーラカンス
2009年02月24日 08:57
>ボギーさん
あああ、どうもありがとうございます!さっそく探して買ってしまいました…うーんこんなことしてたらカネがどんどん飛んでしまうのはわかっているのですけど。でも、ホントに魅力的です。オーケストラも、ラテンっぽさというか生来の破格なリズムのよさを感じます。血沸き肉踊る…みたいな感じをオーケストラの音楽で感じようとは思いませんでした。

また日本に来てくれないですかね~~~。
2009年04月07日 16:46
初めまして、あいこと申します。
グスターボ・ドゥダメルで検索してこちらにたどり着きました。先日の放送をご覧になられたんですね。良かったですよね~!私はちょうど来日前にこのオーケストラと指揮者を知って、幸運にも聴きに行くことができました(私は広島公演でした)。良かったですよ!特に気になられたと書いていらっしゃるマンボ!は本当に最高でした。実は私もこのマンボを是非生で聴いてみたい!というのが一番でしたので。放送でも大変盛り上がっていましたが、やはり生を一度聴いて戴きたいです!近いうちに再来日して欲しいですよね。初コメントで長々と失礼しました~。
シーラカンス
2009年04月21日 00:09
>あいこさん
おおおお、ライブでごらんになったんですか!それは本当に本当にうらやましいです。行きたかったですが、そもそも来日当時彼らを知らなかったですね…いずれ絶対行きたいです。でも今度はさらにプラチナチケットになってしまうかもしれないですねえ…生で見てたらきっと血が騒ぎそうな気がします。

この記事へのトラックバック

  • The Promise of Music ~Gustavo Dudamel

    Excerpt: 先日、ボギーさんの書き込みで教えていただいた 「プロミス・オブ・ミュージック」(DVD)、ようやく見ました。 シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラと 指揮者グスターボ・ドゥダ.. Weblog: シーラカンス日記 racked: 2009-03-04 19:24