10代で聴く音は一生の音

母ちゃんは、最近iTunesで音楽を聴いてる。
さっきアレサが歌っていたと思ったら、次はSteely Danだ。
好きな音楽しか入れていないので、シャッフルしていたら
自分の好きな曲しかかけないFMラジオを聴いているよう…

長女は長女の部屋で、私が昔買った小さな
BOSEのCDプレーヤーをかけっぱなしにしている。
YUIやらスキマスイッチやら、FM802やら、いろいろ。
母ちゃんのあんまりよく知らないJ-POPをかけている。

ああ、そういう年代なんだなあと思う。
自分も小学校の高学年から大学生になるまで
ゴダイゴやビリー・ジョエル、カーペンターズ、
アレサ、チャカ、クイーン、ナタリー、
R&BやRockやPOPSの音楽をテープやレコードでかけ、
深夜のラジオを親に隠れてヘッドフォンでこっそり聴き、
チンペイさんやよしこさんやのぶりん、
角さんやさんまさんが語るナイショ話を、
笑い声が漏れぬよう口を押さえて聴いていた。
青春って多分、そうやって始まるんだよね。
未だに、当時の音を聴くと切ないんだなー。

だから母ちゃんは、未だにiTunesに
当時の音を入れて聴いている。
どこかで読んだのだけど、人は、
10代で聴いた音を一生聴くんだって。
キミは一生、何の音を聴くんだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2009年06月24日 20:05
初めまして!
遊びに来ました!
これからヨロシクお願いしま~す
tasuuma
2009年06月24日 21:36
私はフランク永井、藤田まこと、島倉千代子、ペギー葉山、ザ・ピーナッツ、沢田研二あたりです。この間bsで藤田まこととも都はるみの2人ショーしてました。懐かしかった。
From Hokkaido
2009年06月26日 02:11
懐かしい深夜放送。ネタを仕入れて翌日登校するのが楽しみでした。ハガキも書いたなぁ。
音楽は10代に聴いたものは、いま聴いても一番落ち着くような気もします。先日久しぶりにビリー・ジョエルを聴いて似たようなことを思いましたよ。
こちらはラジオの電波が入らず、ラジオで育った私にはそれが残念でたまりません。
やはりいつかは文化圏に戻ると宣言しちゃいます。
シーラカンス
2009年06月27日 12:27
>辰馬さん
J-POPではなくて、ジャパニーズポップスという感じですね。沢田研二、かっこよかったですねえ…でも藤田まことが1ジャンルとして歌っていたということすらよく知らなかったです。すいません。

>FromHokkaidoさん
私ら世代は多分ホントに深夜ラジオがお友達…という世代でしたですよね。今の若い子たちはそれがネットになってしまっているのかな…でもネットの場合細分化されすぎていて「男女ともに共有する場」にはなり得ないんだろうなーという気がします。次の日、「ねえねえ、きのう、見た?」とか「聴いた?」とかって共有する…というのは最近はないのかもなあ。

ラジオに元気があった時代が懐かしいです。

この記事へのトラックバック