同じ趣味のヒトを育てる

最近、映画館に実によく行っています。
ほかでもない、次女(13)が映画好きに育ちました。
「今度は絶対インターステラー行こう」
「次はグランド・ブダペスト・ホテルだー」
「んでワタシは今度シェフ見る」
という感じ。あたふた。
ワタシはコメディ系、ミニシアター系が好きなのですが
次女の場合は大掛かりなSFや
マーベルなどアメコミヒーローものなどが好きで
(性格がオトコなのかもしれない…)
こちらもそういうものに引っ張られ、
数十年ぶりにSFを中心に大作系をたくさん見てます。

長女(17)は音楽。
クラシック中心、あるいは吹奏楽中心で、
オーケストラに最近はまりだしたワタシと
音楽の話をすることが増えました。
のだめにはまったのも長女がきっかけでしたし。

バレエ鑑賞は長女・次女共通の趣味。
美術館巡りは次女。
夕飯どき、趣味の話に入り込むと何やらずっと
ものすごいスピードの会話が続き、
まるでF1でぐるぐるサーキットを回ってるようです。


実は美術館巡りをする友達というのがほぼいないし
映画の趣味が合うヒトもそんなに周囲にいない。
ワタシは初めて、自分と一緒に
趣味を楽しんでくれるヒトを得たんだなあと。
ああ、ワタシは自分の遺伝子を
育てているんだなあ、と思ったりします。
あんなに孤独だったのに、孤独から離れることができた。

あとの心配は、子離れです…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック