テーマ:男女

手ぶらで会社に行ってみよう

「手ぶらで会社に通ってみないか?」 っていうコイッチさんのお話、 面白いなーって思いました。 というのも女性の場合(私の場合?) 会社に持っていくものは結構いろいろあるからでして、 バッグなし、っていう状態にするのが 結構ハードル高いから、なんです。 そもそも女性の服って、ポケットが 男性より非常に少ないですしね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ワタシはポケットが欲しい

机にずーっと座ってする仕事もありますが、 会議やら打ち合わせやら、机から離れて 違うフロアに行くこともよくあります。 そういうとき、できれば財布とか名刺とか携帯とか 社内PHSとか口紅一本とかをまとめて 持って歩きたいなーと思うわけです。 …そう考えると、女物の洋服っていうのは 大概ポケットが少ないのですねー。 白シ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

をとこはこの女を、女はこのをとこを

離れたところにいる長女(9)に ちょっと本やらプリントやらを メール速達便で出そうと思って、 夏の夜遅く、近くのコンビニに行きました。 ほんのり灯る電灯の下、 Tシャツの若い男の子と ゆるいジーンズをはいた女の子が、 なんとも言えない雰囲気をかもしつつ、 手もつながずにゆっくりゆっくり歩いていました。 ちょっとだけ、男…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「女帝」見てる保育園児って、どー

きょうは家に長女もいないので、 保育所帰りに次女(6)と二人で 外で夕飯を軽く食べて帰ってきました。 で、一緒にお風呂に入って… 出てきたらもう次女がテレビつけてて、 あらま「女帝」やってる。 「ご褒美に、抱かれてあ・げ・る♪」 みたいなセリフが出てくるドラマ、 6歳児が見てるよ、おいおい…。 消すと異様~に怒るし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

理髪店と美容院

亭主は駅前の床屋さんで毎回髪を切ってたんですが そこでの仕上がりが今ひとつ気に入らなかったらしく なんだかブツブツ言っていたので、 「じゃ、美容院行ってみたら?」と ワタシが普段行ってる 家族経営の美容院を紹介しました。 そういえば以前 亭主に教えられて知ったんですが… 理髪店(床屋さん)て、 髪を洗うときはナント…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

カブトムシのメスとクワガタのメス

えーと、まずは女性の方々にうかがいます。 カブトムシのメスと、クワガタのメスって見分けつきます? つかない人のほうが多数派なんじゃないかな~ なのに亭主に 「角もないのに見分けつくもんなの?」と聞いてみたところ 思いっきりケーベツされてしまいました^^; 「そんな低レベルな質問、答える気すら起きない」 「なんでわかんな…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「魂萌え!」

「魂萌え!」を読みました。 この桐野ワールドはそんなに おどろおどろしくないです。 主人公は59歳の専業主婦・敏子。 夫が63歳で急死しますが、その後夫に 愛人らしき存在があることがわかってきて…。 59歳まで世間と渡り合うことの少なかった彼女が 夫の死後、世間の現実と出会い、 だんだんと変化していく様。 実は友人…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

脳内イメージ

かなり笑いました… なんでわかるんでしょう。私、何かバレてます? なかなかつながらないみたいですけど、 脳内イメージを見るサイトは下記↓ http://maker.usoko.net/nounai/ ちなみにワタシの本名でやってみたところ… 脳内イメージは下記の通りでした。 はいもう、嘘と酒で塗り固められた人生です。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ワタシはセルフがニガテだ

実はセルフのガソリンスタンドが苦手です。 なぜだか知りませんが、 上手に入れられたためしがない…。 さー、入れてみよっと。と思うと 唯一そこにいる店員さんに 「奥まで行ってカードを発行していただきますと  さらに2円安くなります」とか言われて 出鼻をくじかれる。 じゃ、プリペイドカードを作ってそれで なんとかガソリ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ドアのチェーンは「夫」である?

亭主が家に帰ってきたら、 私が必ずする作業があります。 それは「チェーン」をかけること。 自分自身気づくのは、 チェーンをかけるその瞬間まで 外界から子どもと自分を守るのは物理的に 自分だと思ってるんだな、ということです。 亭主が帰ってくるのは大概午後11時過ぎ。 それまでは、自分だけ、です。 要するにチェーンは、…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

旧姓から新姓に替えるとき

旧姓から新姓に変わったのは17年前です。 当時、旧姓を通称使用するなんて知恵は私にはなく、 籍を入れずに通すなんていう知恵はさらになくて、 アッサリ新姓に変えてしまいました。 対外的に人に会うことも少ない 事務セクションにおりましたし、 入社2年目のペーペーでしたから、 シゴト上でも殆ど問題なし。 唯一、「くぉらー!!…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

「神様」を読んで

「神様」by川上弘美、を読みました。 「センセイの鞄」がほんわかイメージだったので 面白いかも、と思って読んでみたのです。 当初出てくるのは「くま」と仲良くなる「わたし」の話。 隣に、本当に何の気なしに、「くま」が住んで、 そのくまと一緒にピクニックとかに行ったりする話です。 面白かったんですが、じゃあナニがどう 面白かっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「家は服である」

いや何も、勘助が「国は人である」って言ったから こんなこと書いてるんじゃないんですよ^^; そーゆー高尚なことじゃなく。 もっと下世話な話です。 ちょっと前に、職場の男の人たちが 話題にしていたんですよ。 「風呂を出た後、服を着てから家の中を通るか否か」 という、どーでもええ話^^; 家庭持ちの男性は二派に分かれるみ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

やっぱり香りの話

きょう、20人ぐらいの人が参加するカイギに出たところ ふと男性用香水のいいニオイがしてきました。 誰かな~。あの人かな~この人かな~。 と周囲を見回しましたが、相手は見つからず。 どこのブランドだろう。いいシュミしてるなあ。 ちょっとスパイシーな、甘いんだけど辛い、 不思議な香りでしたです。 それにしても最近、 カイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

何年越しのつきあい?

長女(9)とは、妊娠期間も含めると かれこれ10年のつきあいです。 びったりくっついていた0歳~1歳、 やっぱりベタベタしていた2歳~3歳、 次女が生まれてちょっとだけヤキモチやいてた 4歳~6歳。そして今9歳。 次女とのつきあいはかれこれ 妊娠期間も含めて6年以上ですね。 なんだかんだとワガママ放題ですが、 面白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「愛さずにはいられない」

あんまりヒットもしていない、 ひょっとしたら日本公開すらしてないかも、 というDVD作品の中に時々 スキなタイプの映画を見つけることがあります。 「愛さずにはいられない」というのもそんな感じ。 マシュー・ペリーが好きで、 DVDレンタルで借りてみてみたんですけどね。 気合を入れずに気楽~に、なーんの気なしに、 ぼーっと観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛があればトシの差なんて

ときはバレンタインデー直後の、とある朝でした。 K子ちゃん(5)が保育所の部屋に来て なんとなく一人でまったりしていました。 そこに、TくんのパパさんとTくんが登場。 するとK子ちゃん、やおらTくんパパに向かって 「Tパパァ~、K子ねえ、Tくんパパに  バレンタインデーのチョコあげるわね~♪」 Tくんパパは至ってマジメな人…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「closer~クローサー」

ジュリア・ロバーツ、ナタリー・ポートマン、 ジュード・ロウ、クライブ・オーウェンという組み合わせの 恋愛がらみのゴタゴタ劇です。 …なるほどそう来るか、という、 一種謎解きのような映画でもあります。 男女4人が会話だけでセックスや関係性について どろどろの状況を互いに語っているんですが、 なんかとっても「アングロサクソン的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「仕事」は面白いものか

仕事は面白いのが一番だ。 そう思って、大学の4年生の就職活動期は 「自分にとって面白い仕事」を基準に探していました。 今、自分にとってはそこそこ仕事は 面白いと言えるんじゃないか、と思っています。 でも、ツラさと達成感というのは結構比例していて、 ツラ楽しい、楽苦しいという状況が激しいほど 終わったあとになって「あー、やっ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「子を産む機械」で思うこと

女性のことを「子を産む機械」とみなす発言が 現政権から出ました、ニュースによりますと。 でもね、男性だって 「ホワイトカラー・エグゼンプション」の伝で言えば 「出産しない労働力」、要するに 「消耗品」とみなされているようなので、 どっちもどっち、なのかもしれません。 男性は「労働する機械」 及び「妊娠のトリガー」とし…
トラックバック:1
コメント:17

続きを読むread more

オレがもてていた「あのころ」

人間には誰しも、実力を超えてモテる時期というのが 人生のどこかで1年間~数年間はあるんだそうです。 んで、亭主がいわゆる「自分の実力を超えて」 もてていた時期というのは、当人の申告によりますと、 「小学生高学年~中学生」までだったそうです。 夕方、家の雨戸を閉めようとしたら、 外で「きゃっ…♪」という声が聞こえてふと見る…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

一緒に風呂に入るのはいくつまで

長女(9歳、小学校3年生)は今も、 亭主と一緒に風呂に入ります。 もちろんテレもなんもないです。 次女(5歳)と一緒に、我が家の中に居る 唯一のオトコをすっぽんぽんで取り合っています。 えー(オホン)、キミたち、それは ワタシの配偶者であるからして、 えっへん、そこをどきなさい。 で、きょう会社の上司と話をしていて、…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「天国から来たチャンピオン」

昼ごはんを外に食べにいきまして、 ついでにTSUTAYAで買い物しました。 こないだ映画の羅列を書いたので いろいろとかつて映画を観たときの気分を思い出し、 古い映画が最近ワリと安くDVDになって 販売されているよなあ、と思ったのです。 いいのが安く売っていれば、GETしようと思って。 で、あったのが 「天国から来た…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「いつか晴れた日に」

エマ・トンプソンの演技が 前の映画(「ラブ・アクチュアリー」)でとてもよかったので、 今回はDVD「いつか晴れた日に」を見てみました。 大画面パソコンって、ほとんど『テレビ』」ですよねえ… もう、本来の意味での「テレビ」を見る必要性を ほとんど感じない最近の自分がコワイ。 それにしてもイギリス映画って、 ラブ・アクチュ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夫婦にとっての「2007年問題」とは!?

亭主と一緒に車に乗っていて 1990年代の曲がFMでかかったので、 「1995年なんてついこの間みたいね」とつぶやくと 亭主苦笑。「10年以上も前でしょ…」だそうです。 「でもついこのあいだ2000年問題とかって  みんなで騒いだじゃない!?」というと亭主、 「うーん、今の世間の話題はもう  『2007年問題』だよ」とのこ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

転勤族の「故郷」

前にも少々書いたかもしれないんですが、 好きな相手ができて、かなり真剣に付き合いだすと、 育った場所とか小学校とかの故郷を相手に 見せて廻る人がいますね。特に男の人。 きょうも若い男の人と、そんな話になって。 「言われてみると、確かに…(汗)。  でもそれって、相手の子は退屈してるのかなー??」 あ、アナタも、そーゆー…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

面白いブログ

「運命の人を探して」っていうブログ、面白いですね。 これ、独身33歳のキャリア女性が、 夫を見つける旅に出たその実況リポートなんですが、 モノを見つめる目がとても正直で、 価値観にもうなずける部分が多いので 思わず「がんばれー」って思ってしまいます。 ちょっと面白かったのが、 「肩書きの重要性」っていう記事。 まさに…
トラックバック:1
コメント:25

続きを読むread more

女房がいっぱいPart2

朝は亭主が一番家を出るのが早いので、 一家総出でお見送り、となります。 「行ってらっしゃーい、ホラ、シーラ子1、2、  ちゃんとお見送りしなさいよー」と呼びかけると、 のったらくったら朝食を食べていた二人が 玄関に飛んできて、すかさずシーラ子2が 「がししっっっ」と亭主の首にしがみつき、 「ねえ、今日も早く帰ってきてえ~♪…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ダイジにしてください

長女(8)が徐々に徐々に、 幼児体型から、女の子らしい体つきになっていきます。 一緒にお風呂に入って洗ってやりながら、思わず 「ダイジにしなさいよー」と言ってしまいます。 つるつるのほっぺ、さらさらの髪。伸びた手足。 あの、大きなオデコの赤ん坊は消え去り、 オトナの女性になっていく道の途中の子が そこにいるなあ、という感じ…
トラックバック:2
コメント:16

続きを読むread more

セミに命がけ

長い梅雨が終わると同時に、 一気にセミが必死で鳴く夏になりました。 みーんみんみんみんじーーーー。 で、保育所周辺では、子どもたち(主に男の子)が これまた必死でセミを取ろうとしています。 先週のある夕方、次女と同い年の男の子とお母さんが 保育所の帰り道、セミを取ろうとしているのに出会いました。 男の子の手には虫取り網…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more