アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「夫婦」のブログ記事

みんなの「夫婦」ブログ

タイトル 日 時
ハンカチの文字
ハンカチの文字 最近いろんなことがわかってきた次女(10)が 「ねえねえお母さん、お父さんのハンカチについている  『ミスタージュンコ]』っていうあれ、何?」 と聞いてきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/28 19:56
つまんないことですが。
日々生活していると、 得意なこと不得意なことが 自分と亭主との間で違うらしい、 ということがわかってきます。 私は普通に、朝起きて弁当作って 掃除洗濯して出勤して帰宅して また晩ゴハン作って、っていう生活をしてます。 土日になると掃除をしたり シーツを取り替えたりするわけですが、 そのときに亭主に手伝ってもらったりもします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/11/14 20:36
おとうさんにもっと優しくしよう月間
母ちゃんも勤続20年を迎えたわけですよ。 平成元年度入社組なので、もう勤続20年なんです。 勤続20年だと会社から特別に 5日間の連続休暇をもらえるのですが、 それ、こないだの新型インフルエンザ騒ぎで 発生してしまった休みに全部 使いきることに決めたところ、 「そ、それでいいんですかホントに」 と人事の人に絶句されました。すいません。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/11/12 20:23
恋と生活との間
えええー恋について書け〜〜!? うーん、最近そういう話題マジでご無沙汰だし、 ヒトサマの話ですらとてもとても遠いことなので、 なんというかそのー、うーんなんて書けばよいのー。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/10/20 22:56
口げんかの仲裁
亭主、ここのところ遅い日がまた続いてて 週末には釣りに行くと聞き、イライラっときて 「ほー。でも車どうするのよ、  わたし子どもの習い事の送り迎えあるけど」 とイジワルく言ったところ、 「オレがレンタカーでも借りるか?」とか言う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/10/16 09:02
スリリング
あーーーづがれまじだ。 急に重要な打ち合わせが夕刻始まり どうにも帰るに帰れなくなってしまい、 打ち合わせテーブルで他社の人たちに囲まれ 目を白黒させつつダイジな話をする…という 波乗りみたいにスリリングな状況になっちったのでした。 しまった今日は全く残業の準備をしていない。 時は刻々と移っていくわ、 でもまだ打ち合わせしなきゃいけない事項はあるわ、 他に頼れそうな人は帰宅してるわ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/13 23:38
「妻が傷ついた一言」について
「妻が傷ついた一言」について いい記事ですねぇ…っていうか、 年月を経たご夫婦のリアリティにあふれた記事だなあと とてもそう思いました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/05/31 18:54
適度に不衛生?
我が子を花粉症にしない方法、 というのをとある場所で拝見しました。 以下引用しますと… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/03/10 20:12
あれはうつつか幻か
いや〜〜〜きょうはホンマびっくりしました。 いつもよりも相当早めに亭主が帰ってきたのです。 で、「あ〜きょうは早いねぇ」って子どもともども非常に喜んで ゴハンを食べたわけなんですが、 その後、食器を食器洗い機に入れたりしていて 「この鍋のおつゆ、捨てるけどいーい?」 って聞いたら、なんか返事がない。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/10/21 21:16
「亭主」と「夫」の間には
亭主のことを「主人」って呼ぶときは、 基本的に何か魂胆があるときです。 要は「主人」と呼ぶことが 自分にとって「オトク感」があるとき。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/08/20 21:19
「老後がこわい」と「おひとりさまの老後」
「老後がこわい」と「おひとりさまの老後」 読みました、女性の老後を語った本二冊。 最初の「老後がこわい」は40代後半の香山リカさん、 次の「おひとりさまの老後」は 50代後半の社会学者、上野千鶴子さん。 これ、老後がより身近であるはずの上野さんの文章が 妙にあっけらかんとしているのに比べ、 香山さんのほうはもう、なんというか、 女々しいというかずるずるしているというか、 弱い部分を驚くぐらいにさらけ出しています。 この弱さを出すの、結構ご当人としては 逆に勇気が要ったのでは…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/12 08:34
機械で年齢認証
taspoがなかなか普及しないらしいですね。 自販機にもいろいろ工夫をこらして、 若年層がたばこを買えないよう、 かといって大人が買いにくくないようにという 工夫が凝らされているようで… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/10 08:30
「子どもを傷つけずに済んだ。人として死ねることがうれしい。」
表題の言葉は、 漫画家・西原理恵子氏のダンナさんが なくなる直前に言った言葉、だそうです。 きょう、たまたまテレビでやっていたNHK教育の 「この人と福祉を語ろう〜西原理恵子〜」で、 彼女が語っていました。 ハチャメチャ西原ワールドの背景に、 こんな哀しい話があったとは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2008/06/25 20:42
熱や湿気に弱い人 VS. 寒さに弱い人
熱に弱い人と、寒気に弱い人がいるみたいですね。 ちなみに我が家では、冷え性で寒気に弱いのはワタシ。 冬はできるだけ冷やさないように暖めるようにしてます。 逆に、熱気とか暑さに弱いのが亭主です。 亭主、今、梅雨の湿気と暑さにやられています。 すっかりダウンです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/06/21 20:00
「赤ちゃん教育」
いや〜笑いました。 フランス文学を専門とする「東大院准教授」という 特Aクラスのインテリ家庭にやってきた 「異文化」=「赤ちゃん」。 その異文化のカタマリの到来が、どのように インテリ父親の価値観や生活パターンを 木っ端微塵に吹っ飛ばしていったかを描いています。 従来彼の専門でもあるフランス文学巨匠たちの多くが 「子を持たぬ人々」「自らは育児しない人々」 であると知ったときの著者の驚き。 自動車免許を持たぬ父親の前で、 日々筋金入りの「鉄っちゃん」=「鉄道ファン」へと 成... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/15 14:35
CPUぐるぐるぐるぐる
長女(10)は、ワタシに似て、 アタマが廻るよりも舌のほうがよく廻るタイプです。 要するに脳ミソと舌の回り方が連動している、 っていうか、舌をまわしておかないと 脳ミソも動かない(なんか書いてて情けない)。 でも、次女(7)はどうも違うみたいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/09 22:33
誰のために健康になりたいか
誰のために健康になりたいですか?という問いを、 リーブ21が行い、それに対する 2000人あまりの人々の答えが出ました。 年代はまあ、10代から60代以上にわたっていて 一番多いのは30代、という形になっています。 んで…あなたは誰のために健康になりたいですか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2008/06/05 21:56
「そうか、もう君はいないのか」by城山三郎
重厚なものも多い城山三郎の本の中で、 ずんずん読めるとっつきやすい本なのですが、 あの社会派作家がこうも愛妻家だったかと知って とにかく驚きました。 この世代の人にして、この愛の物語です。 真正面から直球の、大きな愛の話です。 本当に、稀有なことだとおもう。 「もう、きみには頼まない」の主人公・石坂泰三の 雪子夫人が亡くなったあとの恋々とした部分は、 まさに著者本人の一面でもあったのだということを 改めて知りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2008/05/02 23:15
夜遊び時、つれあいからの電話
が、うれしいか、はたまたうれしくないか? という話題で、ママさんたちで盛り上がりました^^; 夜遊びに、たんま〜〜〜〜に行くこと、 かーさんになってからでもあるわけですよ。一応。 で、二次会にも行ける!ラッキー♪ っていうときも、ままある。 そんなときはエラク遅くなってしまうわけですが、 午前様になろうがなんだろうがそういうときに つれあいから携帯にな〜んの連絡もないのは サミシイ!冷たいじゃないか!! ってとあるママさんが主張してて、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/04/30 19:22
夫は家事を知らない…???
ウチの夫は、家事に疎い。 と長年、思ってきました。 結婚したとき、洗濯物を干してもらったら パンパン、ってすることを知らなくて、 くしゃくしゃ状態のままカリカリに乾いてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/30 20:57
家事のアウトソーシング
最近あーまーりーに余裕がないので、 きょう、家事サービスをお願いしてみました。 夕方4時から7時まで、ワタシが帰るまでの3時間、 家事全般と長女の見守りをお願いするサービス。 掃除洗濯夕飯の支度をしてくれて、 帰ってきた長女に宿題をさせてくれて、 同じマンションのお友達が遊びに来てもOK。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2007/09/14 20:03
「陸上ごころ」
「なんか、大阪の駅とかでむやみやたらと 走ってる人をここ数日見かけることが多いんですが、 まさかアレって…アレって、テレビの影響、 受けてるからじゃないですよね?」 と、FMでDJがしゃべっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/08/27 19:40
をとこはこの女を、女はこのをとこを
離れたところにいる長女(9)に ちょっと本やらプリントやらを メール速達便で出そうと思って、 夏の夜遅く、近くのコンビニに行きました。 ほんのり灯る電灯の下、 Tシャツの若い男の子と ゆるいジーンズをはいた女の子が、 なんとも言えない雰囲気をかもしつつ、 手もつながずにゆっくりゆっくり歩いていました。 ちょっとだけ、男の子のほうと目が合いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/26 22:18
理髪店と美容院
亭主は駅前の床屋さんで毎回髪を切ってたんですが そこでの仕上がりが今ひとつ気に入らなかったらしく なんだかブツブツ言っていたので、 「じゃ、美容院行ってみたら?」と ワタシが普段行ってる 家族経営の美容院を紹介しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2007/08/20 20:32
カブトムシのメスとクワガタのメス
えーと、まずは女性の方々にうかがいます。 カブトムシのメスと、クワガタのメスって見分けつきます? つかない人のほうが多数派なんじゃないかな〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/08/06 20:30
脳内イメージ
脳内イメージ かなり笑いました… なんでわかるんでしょう。私、何かバレてます? なかなかつながらないみたいですけど、 脳内イメージを見るサイトは下記↓ http://maker.usoko.net/nounai/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/07/06 20:23
暴風警報…
お義母さんが今週 我が家に来てくれることになり、土日、亭主に 「ねえねえ、せめてお義母さんが眉ひそめない程度に、  恥ずかしくない程度に家をキレイにしとこうよ」 と、散らかった我が家を横目に見つつ何度か提案しました。 子どもたちを屋内プールに 連れていった亭主はめんどくさそうに、 「しんどー。また後で」 と言うので、後にして… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/04/17 08:16
Mr.&Mrs. スミス
これはね、世間一般の夫婦喧嘩の 「メタファー」と言うか「パロディ」ですよねえ。 ああ面白かった。 夫婦関係というのは、ひょっとして一種の 「戦い」じゃないかなーって思うわけです。 いや、夫婦だけじゃなく、 人間関係って実はどこかで 戦いの要素を含むものなのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/28 23:27
「ビューティフル・マインド(Beautiful Mind)」
すいません。なかなかコメントにお返事できなくて… 週末に一生懸命お返事書きます。許してくださいまし。 ところで…ロン・ハワードは素晴らしいですね。 彼は夫婦愛とか家族愛を描く人なのだと思います。 実在する天才数学者を一つの題材として、 統合失調症に悩む一人の男性と、 それを支え続けた女性のストーリーとして 結実している映画でした。感動。 夢中でずっと見通してしまいました。 ほろ酔いで帰ってきたオットすら蹴散らして…(汗) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/07 00:58
何年越しのつきあい?
長女(9)とは、妊娠期間も含めると かれこれ10年のつきあいです。 びったりくっついていた0歳〜1歳、 やっぱりベタベタしていた2歳〜3歳、 次女が生まれてちょっとだけヤキモチやいてた 4歳〜6歳。そして今9歳。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/02 21:34
使わないで下さいまし
鏡台は女の城、牙城でござる。 そこにはワタシだけが使うファンデーション、口紅、 ローションやクリーム、ヘアスプレー、 髪を結ぶためのヘアゴムなどありとあらゆる 「女を女にみえるようにするための道具」が 揃っているわけですよ。 もちろん時計とかネックレスなどの ジュエリー、貴重品もそこに入っているわけです。 結構思い入れの多い、ダイジな場所なんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/02/21 23:39
「おとうちゃん・おかあちゃん」の理由
我が家では、子どもたち(8歳、5歳)に 「パパ・ママ」ではなくて、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/16 22:20
女房がいっぱいPart2
女房がいっぱいPart2 朝は亭主が一番家を出るのが早いので、 一家総出でお見送り、となります。 「行ってらっしゃーい、ホラ、シーラ子1、2、  ちゃんとお見送りしなさいよー」と呼びかけると、 のったらくったら朝食を食べていた二人が 玄関に飛んできて、すかさずシーラ子2が 「がししっっっ」と亭主の首にしがみつき、 「ねえ、今日も早く帰ってきてえ〜♪」と一言。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/09/07 23:32
大河ドラマ 「功名が辻」 第35回「北条攻め」
大河ドラマ 「功名が辻」 第35回「北条攻め」 秀吉の実妹・旭姫の人生って、 いったいなんだったんでしょう。 今回「いかなることがあろうとも、わしらは夫婦じゃ、  あの世で積もる苦労話をしようぞ…」 っていう甚兵衛の言葉に、今回はついつい泣けました。 普段は亭主と子どもらが熱心に見てるのを、 パソコン打ちつつ横目に見てるんですけどね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 3

2006/09/03 20:28
実はとっても好みのタイプ
実はとっても好みのタイプ 好みのタイプってありますよね。 ワタシ、これ前にどなたかのブログでも書き込んだんですが、 「ヨーヨー・マ」さんが大好きなんですよ…。 あの知的な感じ、静かな佇まい、 チェロを弾くときに垣間見せる情熱的な感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/07/07 23:31
お小遣い制か、はたまた別サイフ制か
お小遣い制か、はたまた別サイフ制か きょう、社員3人(男性二人と私)で世間話をしていて、 その場にいる全員が「共働き夫婦の片割れ」 であることに気づきました。 で、各々、結構違うんですね、 家でのサイフの割り振り方がね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/06/23 20:51
博多へ人を訪ねてきました
博多へ人を訪ねてきました かつて、結婚した頃とてもお世話になった方の家へ このGWを利用して訪問してきました。 その人は現在ご夫婦で博多の近郊にお住まいで、 ご自宅にお邪魔して泊まらせていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/05/05 21:23
白髪はなぜ頭髪で少ないか
「見て見て見てっ、白髪が生えてきたんだよっ!!」 と亭主がうれしそうにのたまうので、 ちょっとアタマを見てあげました。 確かに側頭部に一本だけ、やわらかそうな白髪が…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/04/30 19:35
親指がくくくくく…
親指がくくくくく… なんか、家のクロゼットの、くの字型に開くドアが ちょっとおかしかったんですよ。 何かがはさまっているのか、しっかり閉まらない。 「あれ?閉まらないなあ」って思って 何回かガタガタ閉めようとしてたんですが。 最後に勢いをつけてバーン!!って閉めたら、 閉めた先に自分の右親指があったんですねえ…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/29 23:18
「大河ドラマ 「巧名が辻」 戦場に消えた夫」について
「大河ドラマ 「巧名が辻」 戦場に消えた夫」について 「大河ドラマ 「巧名が辻」 戦場に消えた夫」について 今回は「浮気」あり「戦」あり 「失踪・行方不明」ありで、 何がタイヘンって、子どもたちの 長女「ねえねえねえ@@;これどうなるの!?」 長女「おかあさん『抱いた』ってどういう意味!?」 次女「あーこれ、死んじゃうの〜!?」 次女「かじゅとよ、いなくなっちゃったの!?」 …etc.というチャチャが大量に入って、 テレビの音があんましよく 聞こえないことだったんでした。 ホンマにもう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2006/03/12 21:34
もうちょっとだけ、早く帰ってきてほしいな
もうちょっとだけ、早く帰ってきてほしいな 亭主とはこないだ、少々(かーなーり)ぶつかりました。 平成2年に結婚して既に15年以上経ってるんですが、 その間、夜10時前に帰ってきたことは 10回もないんじゃないかな〜〜〜。 子どもが生まれる前はまあ別にそれでも良かったんですが、 子どもが生まれてみれば、特に二人を抱えてからは、 「夫の手助けが一切期待できない」という悪条件になり、 なおかつ妻としてやっぱり孤独感を感じてきました。 そもそもこれって、マトモな家庭生活じゃないように思えて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/03/08 22:51
紫色のネックレス
紫色のネックレス 恥ずかしながら、ワタシの39歳の誕生祝を、 この日曜日にやることになっておりました。 「ゴメンねー土曜日シゴトでさー日曜日にやるよ誕生日祝いー」 という亭主の言葉を受けて、日曜日を待っていました。 で、その日曜日当日。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/02/20 21:04
夫婦ものの心得!?
夫婦ものの心得!? 夫婦を多少でも長くやるコツがあるとしたら、それは、男女とも「相手にあんまり多くを望まない」ってことかもしれん、などと、そう思ったりもするわけです。 亭主族であればこそ、家事育児に参加できる時間もまあ有限なわけです。そこで「これだけのノルマをこなせ」ったって、そもそもムリだったり、どうやったって破綻してしまったりする恐れも大なわけです。多種多様な作業をこなす能力が、そもそも男女で違うのかもしれんし。オトコって、雑多なことを同時にこなす能力が低いのかもなあ…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2006/02/13 20:35
「日仏カップル事情〜日本女性はなぜモテる?」
「日仏カップル事情〜日本女性はなぜモテる?」 タイトルからみて、もっとチャラい本かと思っていたんですがね。 ところがどうしてどうして、骨太で読み応え充分でした。 この土日の東京での法事の真っ最中に 暇を見ては子どもらを蹴散らし蹴散らし、 読んで読んで読みまくってしまいました。 これ、1969年生まれの大阪外国語大学助教授の女性が 日仏夫婦や学生、フランスの友人らの実話を集めて書いた 一種の「文化論」であり「男女論」なのですが、 さらに読み応えがあったと思うのは、この本が 「日本女性論」「日本社会論」でもあったからなんです。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2006/02/05 16:09
亭主はどうやら同居している気配です
亭主はどうやら同居している気配です 亭主は普段、家にいません。時々見かけることはあります。 でも家事をするわけでもないしウィークデーは育児もしないし 帰ってくるのは超遅い時間だし家はすんごく早く出るしで、 夫婦の連絡は大体、連絡を装った会社メールか、携帯メール。 次女を保育所に送っていくのも年数回もないぐらいだし、 保育所に迎えに行くのなんて年1回あれば多い。 そーゆー亭主です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

2006/01/27 22:34
アイロンがけを亭主にさせる女でございます
アイロンがけを亭主にさせる女でございます 「アイロンがけを、朝してるときにさあ…」 と、亭主は何気なく会社で言ったそうです。 すると、オクサンを持つ男性社員さんたちが、 急にみんなフリーズしたんだとか。 「えええー、シーラ夫さん、 そおおおんんなことまでさせられてるのぉ(絶句)…!?」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 14

2005/12/17 20:27
お願いだから 長生きしてね
最近、夫の帰ってくるのがさらに遅くなりました。 これまでも相当遅かったんですが、 ここのところシャレにならないほどに遅いのです。 きのうもえらく遅く帰ってきて、疲れた顔をしていました。 「かつては残業さえすれば、たまった仕事もやっつけられていた。  最近は残業してもしても、目の前にある仕事が減るどころか  どんどん増える一方だ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2005/11/08 22:43
分けてあげたい〜♪
ワタシ、髪の毛が異様に多いんです。 というか、ぼわーっと広がりやすい。 暑い日、湿気の多い日は、ほとんど「爆発状態」に近いんですね…。 「Mr.ハビット」という半永久的なストレートパーマの サロン手法が世にでてきたときは、 余りの有難さに狂喜乱舞しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/08/19 22:43
選挙は起きるか
昨日午前中、亭主が 「選挙なんてまず起きないよ」と熱弁を奮っていました。 「なんだかんだ言ったってみんな悪者になりたくないし、選挙もイヤなんだもん。 最後の最後まで粘って賛成に回るんだよ、それがパワーゲームってヤツですがな」とか。 ははあ、こりゃ例のごとく不思議に当たる予言ってやつだなと思っていたら、 今日はテレビも新聞も解散ムード。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/08/05 22:14
髪の長い腰のくびれた取引先
「今週は月曜日から金曜日までずっと接待なんだ」 亭主が言いました。 「だから、夕飯はずっと要らないから」 「はいはい」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/07/06 20:15
食卓でどの程度しゃべります?
きのうも家族全員で家の食卓で夕飯を食べました。 でも長女も次女もしゃべりっぱなし。チョーやかましい。 「お話はいいから食え!」と亭主にしろ私にしろ言い続けるんですが、 それにしてもようしゃべる。 最近はダブルでしゃべりっぱなしなもので、 やかましいことこの上ないわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/05/01 06:41
「PTAと運営委員会とに、お父さんの参加求む!!」について
「PTAと運営委員会とに、お父さんの参加求む!!」について きょうは、学童保育のほうの懇談会…。 きょうがその日だってことをころっと忘れていて、 夕方帰宅した長女に「きょうだよお母さん、お願いね」 って言われてあわてて思い出し、 やおら長女を連れてコンビニで夕飯買い、保育所へ次女を迎えに行き、 それから学童の部屋で子どもらにたべさせて、懇談会突入。 全部引き受けて、のんびりゆったりやってるお母さんもいるのになあ…。 いちいちこれでキレるワタシってよっぽど 母親として適性ないんだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/04/22 22:40
桜の花見
懐かしい面々と、桜の花見に行きました。 でも、桜そっちのけ。どっちかというと、酒のほうがメインだったような…。 ずーっと食べて飲んで笑って、 子どもらにひきずられて遊ばされていたような気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2005/04/10 19:02
労働力の超・売り手市場が到来する?
亭主はいわゆる「営業マン」です。 相手業種もさまざま、受注内容もさまざま、 地域もけっこう広範囲に及び、毎日多くの人に会っています。 その彼が言いだす「世の中の予測」は、ワリと当たる。 彼とは20年ちかい付き合いがありますが、これまでも結構当たってました。 現場で見聞きした体験に裏打ちされた理屈があるので、 経済論としても面白いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 17

2005/04/07 00:10
とうとう異動が本決まり(4月1日バージョン)
亭主、とうとう異動が今年こそ決まったそうです。 さっき、会社の近くの飲み屋から、携帯で電話をかけてきました。 いつ来るか今年こそ来るか来年こそ来るか、と思い続けて、早10年以上。 でもまあ実際、転勤する、と決まれば逆に気はラクかもしれません。 …って、ワタシだけですか?そうですね。亭主はクダ巻いてます。 亭主〜ガンバルんだよ〜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 10

2005/04/01 22:20
「何があっても」に続くべき言葉は、ナニ?
異動のシーズンです。 亭主にも毎年異動があるかも、あるかも、というひやひやした瞬間があります。 どうも毎年のことなので、いちいち反応するのにも体力的に疲れてしまい、 最近はあんまり考えないようになってきてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2005/03/18 21:10
フロン〜結婚生活・19の絶対法則
いやー、この本、かなり「抱腹絶倒」でした。 どうせ家で役に立たない夫なら、いっそリストラしてしまえ。と女性たちに説く本なのです。 また、「オンリーユー・フォーエバー」という恋愛思想はそもそも幻想なのだから、 人生のパートナーにそんなもん求めるのは不幸の始まり、と言います。 たぶんそれは、育児に乗り出した夫婦ならほとんど「常識の範囲」なんですが、 改めてそれを若い男女に向かって突きつけた、という点で、 読んでる側がどれぐらい鳩が豆鉄砲状態の表情か、考えるだけでも大笑い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2005/03/13 22:31
あと2日
突然ですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

2005/03/12 20:40
じゃ、次は亭主。似顔絵その2です
亭主にさっきのページの似顔絵を見せたら 「確かにこれはオマエの髪型オマエの髪の色オマエの輪郭ではあるが 美化しすぎやろ。こりゃー反則だわ」 と一刀両断…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/03/06 19:34
空気清浄機を買いました。
花粉症の亭主が、空気清浄機を買いました。 今年はどうやら相当すごそうなので、これはワタシにとっても「予防」のイミもありますね…。 購入したのはダイキンのフラッシュストリーマMC706-W。 大阪に本社のある「業務用エアコン」の質実剛健メーカーです。 さっき届いたので開梱して、リビングの壁際に置き、早速運転開始。 ・・・・・・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/27 10:46
女房酔わせてどうするつもり?
「女房酔わせてどうするつもり?」っていうCM、覚えてます? あの名作CMが15年ぶりに復活するそうです。 あれは当時、ステキなCMでした。かわいくて、ちょっと色っぽくて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/02/25 16:34
亭主、風邪につき
珍しい。亭主が風邪をひきました。 ひいたことはあったけど、だからって多少早く帰ってきたりすること、なかったんですけどねー。 きょうはいつもより1時間半ぐらい早く帰ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/24 22:34
ファクシミリを買いました
とうとう、壊れに壊れていたファクシミリを買い換えました。 新しいのは、ブラザーの、受信してもすぐにプリントアウトしなくてもいいヤツ。 60枚ぐらい記憶できて、画面上で「これは削除、これはプリントアウト」って選べます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/01/15 20:38
二段ベッドと浮かぶ「オジシャン」の話
けっこう役に立つじゃん、二段ベッド。と思っていたんですが、 ある夜のこと、3歳の次女が二段ベッドのある部屋で、あらぬほうを指差し、 「コワイ。あのオジシャン、だれ?」と言うのです。 ひょえー、そりゃ、オマエさんの言葉のほうがよっぽどコワイよ!と思いつつ次女を抱っこし、 「そのおじしゃん、今もいる?」と聞くと、「いるよ、ホラ」と指差す。 でもオトナの目からは、何も見えない…。 んぎゃーーーーーーーーー!!!やめてくれー!母のほうが怯えるぞー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/01/04 00:12
風邪だ!自業自得か?
風邪です。もう間違いない。鼻がムズムズ。 夫に不退転の決意で交渉し、久しぶりに会社の年末打ち上げに出て、 夜の街を満喫したらこのザマです。 寄る年波には勝てんなあ………。哀しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/28 22:42
意外にもちゃんと役立ってます…二段ベッド。
二段ベッドが来てから1週間が経ちました。 保育所の先生にも、周囲のお母さんたちにも 「なかなかこれまでの親のフトンから離れてはくれないよ〜」 「寝付いたかと思うと夜中に親のフトンにもぐりこんで来るよ〜」 「二段ベッドは遊び場にしかならないよ〜」などと言われましたが、 けっきょくその予想は外れつつあります。意外。 女の子二人ってもしかしたら、男の子よりドライなのかもしれません。親に対して。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/18 22:51
二段ベッドと日本人の寝方
二段ベッドが我が家にもとうとう来ました。 思えば長女(現在6歳)が生まれ、生後3ヵ月から3人で枕を並べて寝るようになって以来、 自分1人で一つのフトンをゆったり使って眠れることはほとんどなかったのでした。 3人雑魚寝。次女(現在3歳半)が生まれてからは、4人で雑魚寝。 夫も私もしょっちゅう、寝たままの我が子らに蹴られたり殴られたりしていました。 子どもっていうのは、どうしてああも寝相が悪いんでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2004/12/12 21:33

トップへ | みんなの「夫婦」ブログ

シーラカンス日記 夫婦のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる