テーマ:映画

「博士と彼女のセオリー」を見ました

「博士と彼女のセオリー」を次女と一緒に見てきました。 ここ数週間、「グランド・ブダペスト・ホテル」、 「はじまりのうた」、「イミテーション・ゲーム」、 そしてこの「博士と彼女のセオリー」と、 連続して3つのアカデミー賞関連作品を 見て来たことになります。 今回の博士…ではホーキングその人を演じた エディ・レッドメインが…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「大統領の執事の涙」

次女(12)が、最近、なにやら 世の中の「偽善」や「欺瞞」についてウルサイです。 道徳の授業とかで先生から 「この文章を読んで感動したことをベースに ここに書かれていることをどう活かしていくか クラスのみんなで話し合いましょう」と言われ、 それがストレスだった模様です。 感動してないのに、正しいと思うわけでもないのに、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼロ・グラビティ

「ゼロ・グラビティ」を見ました。今にして、ようやく。 心を閉ざしていた一人の女性が再生する物語、と見ました。 IMAXシアターで見たんですが、まあ、 本当に広くってさみしくってコワくって 大変でしたです。 あー、あんなことになってしまうだなんて、 できれば宇宙、行きたくないっす…(大汗) 今回、当初何に一番感嘆したかと…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「風立ちぬ」を見て

「風立ちぬ」を次女(12)と見てきました。 なんというか、業の深い映画だなあ、 という印象を受けました。 宮崎駿は、牧歌的な画を描こうだなんて これっぽっちも思っていなくて、 自分自身から見えているこの世を 堀越二郎という人物の視点を通して 語ろう、描こうとしている、ように思えました。 二郎が夢の中で会話している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「きっと、うまくいく」

インドの映画をきちんと 全編見たのって初めてじゃないかなあ~。 すごく面白かったです。 インド映画ってなんとなくイメージ的にコッテリしてて もしかしたら胃もたれするんじゃないかしら、 という気がしていたのに、そんなことは無かった。 エンタテインメントとしても大変楽しかったし、 さわやかさもあるしミステリーっぽい要素もあるし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そいつぁムリだ

次女(小6になりましてん)が、 散らかった自分の部屋に向かって ぱちん、ぱちんと指を鳴らしているところに 出くわしました。 …ああ、そうか。アレ見たからねえ。 そいつぁ、ムリだ。 メリーポピンズ スペシャル・エディション [DVD]ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-01-21 Amazon…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アルゴ」観ました(Blu-rayだけど)

「アルゴ」Blu-rayで鑑賞しました。 次女と見たんですが「いやー、面白かったけど疲れた~~」 というのが正直な感想です。 一番びっくりしたのは「あの頃の空気感」というか 「あの頃の色合い」みたいなものを再現していたことです。 今の撮影機材だと多分もっと 繊細な色合いになるんじゃないかと思うんですが、 わざと褪色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「エンディングノート」

もうすぐロードショーが 終わってしまうかもしれないなあ、 と思って、たった一人で見に行ってきました。 映画「エンディングノート」です。 『高度経済成長期に熱血営業マンとして 駆け抜けたサラリーマンが、定年退職後間もなく ガン宣告を受けるも病と真正面から向き合い、 最期の日まで前向きに生きる姿を 実の娘の目線で追ったドキュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「英国王のスピーチ」

実は3月冒頭に一度見に行って、 感想を書く前に地震が起きてしまい、 その後気分的にもスケジュール的にも 「映画の感想」なんて書ける状況にないまま日が過ぎていました。 でも、とある場所で「英国王のスピーチ」についての感想を読み、 「あー、今こそ、もう一度見たい、見なければ」と心から思い、 そろそろロードショーを終えようとしてい…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

さようなら、エリザベス・テイラー

「世界一の美女」エリザベス・テイラーさんが 2011年3月23日、死去したとのことです。79歳だったそうです。 これだけいろんなことが世間で起きていながら 今書くのはその話だけか、といわれるかもしれませんが、 地震についても原発についても私は フルにオープンな場で書く覚悟は今のところありません。 ただ、この騒乱の中で聞いたリ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

映画「毎日かあさん」

映画の毎日かあさん、観ました。 事前のレビューだと、 「あんなことする男の子なんているのか。  ちょっと『イタイ』んじゃないのか」 などというもの(主に男性の感想)がありましたが、 いやーおかしくないですよ。あれぐらい全く当たり前。 多分あなた、ご自分で忘れてるだけかも。 「なんで今、しかもこんなとこで、  こーんな…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」

映画観てきました。 「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」。 (原題:HERB & DOROTHY) ニューヨークに住む小さな老夫妻の、 アートをめぐる話をつづった 実に可愛いドキュメンタリーです。 関西では現在、梅田ガーデンシネマで公開中。 150席程度の小さな映画館で ウィークデーならいつもは 半分ぐらいの入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BAGDAD CAFE(バグダッド・カフェ)

この映画、初めて見ました。 いいよいいよといろんなところで聞いていたのに いままでなかなか見られなかった。 DVDを安く買ってずっと置いていたのに、 時間も精神的な余裕もなくて… でも、きょう、昼下がりに1人になる時間が取れて、 ひさしぶりに家のリビングでぼーっと、 陽の差す家の中で見ました。 これはなんとなく、乾い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

美しきロバート・レッドフォード

「監督としてのレッドフォードについて書いて」 と辰馬さんから水を向けていただいたので… ロバート・レッドフォードは俳優としては んもー大大大好き、です。 昔、中学の時分にベッドサイドに デカいポスターをはっていたくらいでした。 でも、映画監督としてはあまりよく知らないのです… 彼の監督作品をちゃんと観た記憶がない。 「普…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

Herb and Dorothyが観たい。

とても魅力的なTrailerをみました。 「Herb and Dorothy」というドキュメンタリー。 HERB & DOROTHY Trailer from Herb & Dorothy on Vimeo. さとなおさんによる要約だと 「NYに住む公務員の ハーバート&ドロシー・ボーゲル夫妻が、 慎まし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最高の人生の見つけ方」(DVD鑑賞)

うまい素材とうまい役者とうまい脚本で、 そりゃ美味にきまってるわなという映画。 ロブ・ライナーは自分の人生の「現在のテーマ」を 映画にダイレクトに投影する人なんですかねえ。 多分この場合、ジャック・ニコルソンの役柄に かなり自分を投影してるんでしょうけど。 演じるほうもどっちも肩の力が抜けていて、でも 絶妙の間と表情で笑わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「インビクタス 負けざる者たち」

静かな映画でした。 この前見た「This Is It」、「アバター」は 「静か」という表現からは遠いものでしたし 先日の「ポニョ」も相当騒がしい映画でしたので、 なんか両極端を見たなーという気がします。 もちろんスポーツを扱っている映画で スポーツシーンは血が沸くところもあるんですが、 熱い恋愛があるわけでも スパイが暗…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

「崖の上のポニョ」は、ピーターパンやアリスに連なる

きのうは子どもたちにひきずられて テレビで「崖の上のポニョ」を見ました。今回初めて。 いろんなメタファーらしきものが入っているのに そのメタファーが一体何を指しているのか 説明がないという部分が不思議な映画でしたですね。 ポニョの父親はなんで水をまいて出てきたのか? ポニョやその姉妹を閉じ込めてたのはなんで? あの父親…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

英女優ジーン・シモンズ死去

たくさんの映画に出ている人なんですね。 最近では「キルトに綴る愛」とか。 でも私にとってジーン・シモンズといわれて すぐに思い浮かぶ映画は ただ一つ(っていうかそれしかない)、 「大いなる西部」です。 原題は「THE BIG COUNTRY」。 50年以上前の映画っていうことになるんですね… アメリカを見たことがなか…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

「アバター」見てきました

「アバター」、見てきました。 Twitterで評判になっててついつい 押し出されるように見るという点では、 「This Is It」に通ずる感じです。いやその、 10時50分から13時40分までがっつりあるんですが がっつりあるワリに長さは感じませんでした。 しっかり楽しめました。 感動して泣くとかいう性格の映…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

「近距離恋愛」

DVDでの鑑賞です。 こういうロマンチック・コメディ、好きなんですよ… 大量に家にこういうDVDが並んでます。 パトリック・デンプシーは「魔法にかけられて」の いかにも人の好さげな ニューヨークのシングル・ファーザー役が とてもよかったので(というか好みだったので)、 ちょっと期待して観たのでした。 とは言ってもこちらは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルース・ブラザーズ再び

ブルース・ブラザーズのVHS版を見ようと思って 我が家のカセットケースをあけたら なぜか中身が消えていたのでした。 で、ガッカリしてたところ、先日近所のDVDショップで 1300円ぐらいで販売されていたので決意して購入。 で、家族も含めて一緒に観たのでした。 ペングィン(シスター)に会いに行こうと言いつつ アタマが上が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

THIS IS IT観てきました

ついったーで大絶賛だったんで、 長女(11)次女(8)連れて、近くのシネコンで 観てきました、「THIS IS IT」。 知ってる曲のオンパレード。 ここ10年ぐらいのマイケルの曲は 全く把握してないつもりだったんですが、 ほとんど知っていることに、自分でも驚きました。 細いと思っていた脚の意外な筋肉質ぶり。 到底5…
トラックバック:13
コメント:1

続きを読むread more

Great Expectations ~大いなる遺産~

家に閉じこもってるときに、DVDで観ました。 これ、エステラにもディンズムア夫人の言動にも 矛盾がいっぱいあるんですよね… 実のところ、その心理がよくわからない。 あそこまでして最終的にああなるのはなんで??? …とまあ、筋書き的に疑問・矛盾はあるのですけど、 でもこの世界観の中、観ている側はまるで 『生温かい透明な緑色の…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

「50回目のファースト・キス」

家に戻ったら、子どもたちが自分で勝手に ワタシのDVDライブラリーから抜き取って 二人してアメリカの映画を観てました。 「50回目のファースト・キス」ですって。 あー、ドリューちゃんとアダムくんのお話ですね。 料理しながら母ちゃんもつきあって途中から観て、 最後には母ちゃんのほうがボロボロ大泣き… これ、母ちゃん、DVD買…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

劇場版 BLEACH ブリーチ Fade to Black 君の名を呼ぶ

…なんていう、 普段縁のないアニメをなんで見に行ったかというと、 そりゃもう子どもに手を引かれてしまったからです。 「お母さん!今度の日曜日はブリーチが見たい!」 って言われてしまって、プールか映画かの二者択一。 そりゃ…このへろへろ状態なら映画でしょう… それにしてもブリーチ、ってなんで「漂白」なのかな? なんでこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パコと魔法の絵本

実は日曜日、次女(7)に引っ張られて家族全員で 「パコと魔法の絵本」を見に行ったんですよ。 「ポニョよりも見たい!」って強烈に主張されましてねー。 でね…結果を先に言うとね… 予測をいろんな意味で裏切られる映画でした。 よかったか悪かったかっていう 単純な物差しで語れる感じじゃなく、 なんというかこのー、否応なく、 感情…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

追悼ポール・ニューマン

「明日に向かって撃て!」と「スティング」が、 中学時代、大好きな映画でした。 実は当初、「スティング」で ちょっと寂しげな男の子のような目をしてみせた 美しいロバート・レッドフォードにくらりと来たんですが、 その後「明日に…」を見て、 (って公開の順番はホントは逆なんですよね) ポール・ニューマンの『大人の色気』 ってい…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

ロードショーを久々に♪「Sex and the City」

こないだ久々に見ましたよ、ロードショー。 子どもたちがキャンプに行っているこの貴重な間、 子ども連れなんぞじゃぜーーーったい見られないものを、 って思って、大きなシネコンで見てきました。 「Sex and the City」です。 これ、テレビ番組のほうのDVDも少々持ってるんですが、 そっちのほうは相当あけすけな話ばっかり…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

やたら強くてやたら色っぽい女性

「シンシナティ・キッド」という映画があります。 スティーブ・マックイーン主演なんですが、 それよりも個人的に目を奪われるのが 赤毛の色っぽい女性、 アン・マーグレットです。 わたし、この人の「ビジュアル」が大好きでして。 映画の中でこの人は、 魂抜かれそうなぐらい妖艶な女を演じています。 唇をねじまげて笑う姿、 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more