テーマ:

マイブームのモノ

最近マイブームのものがいくつかあります。 一つは、スパイス&ハーブ。 スパイスとハーブは、適切に使うと 驚くほど料理をスケールアップしてくれるというか、 別物にしてくれます。 特に、オレガノ、フェンネル、ローズマリー。 オレガノは、トマト料理とかにいいですね。 ミネストローネで炒めたタマネギや トマトにあわせて適切に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校生、早弁する

長女(15)の高校生活が始まっております。 彼女は中学と同様、吹奏楽部に入りまして、 中学のときと同じように サキソフォンをやろうとしたようなんですが、 クラリネットが割り振られることになりました。 中学のときはサキソフォンとは言っても 担当がバリトンサックスだったので 到底買えるようなもんではなかったんですよね~ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お弁当の話

ここ数ヶ月、毎日お弁当作ってます。 長女は中学1年生。 もちろん今は冷凍食品もレトルトもありますので 手を抜こうと思えばなんとでもなるんですが、 たかが弁当、されど弁当。 長女(12)が毎日 「必ず入れて欲しい」と要求してくるのが 書くも恥ずかしいんですがイシイのミートボールです。 これは必ず、どういう日でも欲しいん…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「『米軍に若者肥満』から日本のbento文化まで

長女(12)が中学に進学してからというもの、 毎日毎日6時には起きて弁当作りの日々です。 これでワタシはさらに出張がしにくくなっておりまして… どこかに泊まりがけの出張すると、 翌朝弁当を作ってやれないわけです。 で、そうなると長女は近くのコンビニかどこかで パンなりコンビニ弁当なりオニギリなりを 買っていくことになる。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日本の学生のオベントは

毎日夏休みのお弁当をこしらえております。 誰のためって、学童保育に通う次女(8)のため。 長女は今、ランチありのサマースクールに行ってるのですが 問題は次女のほうなわけですね。毎日毎日、お弁当。 まーそれでも、赤ちゃんのときのお弁当みたいに 頭をひねってアカンボでも食べられるものを 並べる必要はなくなってきたし 親も慣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食えません

最近、オニギリを作ると、 長女(11)も次女(7)も すごい勢いで食べてしまいます。 私が夕方家に戻るなり、 「おなかすいたー!  何か食べるもん、ない?」と両方が聞くので 「料理できるまでオニギリ食べてなさい」 と「つなぎ」のつもりで作ってやったら んもー食べるわ食べるわ、 ばくばくばくばく、気づ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

お勧め禁止令

長女がヤバいことになってます。 っていうか、成長期なので、どんどん 制限しない限りずっと食べる食べる。 朝も「パン2枚、ゴハン2杯、味噌汁、  ハム、サラダ、目玉焼き、さらに何か」 とかいうワケわかんない状態… どうやらそれは私のせい、らしいです。 「あ、パン食べた?足らないなら、  くぎ煮があるから、ゴハンといっし…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ちょいと食べすぎな人々

最近、子どもたちと外食に行くと、 妙に満腹にならないんです。 特に、みんなで皿を突っつくタイプの外食、 要するに中華とか小料理屋とかに行くと 特にその傾向が顕著で…。 あっ!それ、おいしそう! それもらう、いただきま~~す! 刺身は私っ!マグロもーらいっ! 山芋のあんかけまんじゅうも私のものっ!! {%トホ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

料理は、買い物から始まる。

食に不安がある時代です。 ナニからナニまで全部自分の手で手作りしても、 結局のところ、不安が残る。 だって、買い物したそのスタートラインからして 偽装や疑惑があればどーしようもないですもんね。 料理は、買い物から始まると思うのです。 買い物を母ちゃんやオクサンや友達やダンナや 彼女や彼氏にしてもらって始まる料理っていう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アフラトキシンB1て?

ギョーザで有名になったメタミドホスなんぞより もっと強烈な毒物らしい『アフラトキシンB1』。 よくわからなかったんですが、探してみたところ このWikiがわかりやすかったです…↓↓↓ 米、カビ毒、などのキーワードでヒットしました。 http://www20.atwiki.jp/aflatoxin/pages/1.html ど…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

汚染米の犯罪

汚染米を、それとわかっていて 食用にまわした人間が逮捕され有罪確定したら、 ぜひ罪の償いとしてやってほしいことがあります。 この米を毎日食うこと。 これしかないと思う。
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

たこ焼きたこ焼き

たこ焼き器、実は家になかったんですよ。 これ、関西で告白すると大勢の人に 「えええええ~~~」 と目を剥かれてしまってたんですよねえ…^^; だってーネイティブ関西人じゃないのですものー 許してくださーいいい ところが先日、ちょっとした景品に もらったんでした、小さなたこ焼き器。 それ以降、冷凍のタコを買い、たこ焼き…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

夫は家事を知らない…???

ウチの夫は、家事に疎い。 と長年、思ってきました。 結婚したとき、洗濯物を干してもらったら パンパン、ってすることを知らなくて、 くしゃくしゃ状態のままカリカリに乾いてしまった。 とか、 掃除のときに家具をどけてその下まで 掃除機をかけていたら、 「へえ~そうやってやるんだ~~」 と驚かれた。 とか、 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

男の子メシ、女の子メシ

ここのところ、昼は麺類。 月曜日坦坦麺、火曜日そば、 水曜日うどん、木曜日スパゲッティ、って感じ。 でもねー、同じ麺類でもどうやら 「男の子メシ」と「女の子メシ」がありますね。 ●男の子メシ…そば、うどん、ラーメン、つけラーメン ●女の子メシ…スパゲッティ(イタリアン) それ以外も、 ●男の子メシ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

麺ストリート…

会社の近くに最近、 うまいうどん屋ができました。 その店で手打ちしているそうで、 こっくりしたコシがあって旨いです。 家でももちろん「冷凍麺サマ」という ありがたーいものを使ってよくうどんを作りますが、 そりゃ、きちんと手打ちした麺をたんまり 釜揚げで生卵&無添加だしかけて食うほうが ナンボか旨いです…。 で、今日…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大人買いのヤクルト

大人買い、っていう言葉ありますよね。 自分自身が大人になっていわゆる 「大人買い」をしたのは、「ヤクルト」でした…。 ヤクルト、大好きなんですよねえ。 子どものころ、ずっと 「なんでヤクルトはこんなに小さいんだ?」 とフシギに思っておりました。 だから一生懸命ちびちび飲んで。 大人になって働き出してからは 家に時々…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

原宿のうまいラーメン屋さん

えっと、原宿のうまいラーメン屋さんについてお伝えしますです。 前にも書いたことがあるんですが何人かから 「アレ、どこ?」と聞かれたり、 「オイシそうだねえ」と言っていただいたりしましたので。 場所は下記です。 店舗名称は「九州じゃんがららあめん原宿店」。 拡大地図を表示 今回行ってみたらテーブルの上に 「姉妹店は…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

沖縄料理の道行き

沖縄好き、というのは結局のところ 胃袋で好き、というのもあるかな~という気がします。 島ラッキョウ、テビチ、こーれーぐす、 ソーミンチャンプルー、ゴーヤーチャンプルー、 豆腐チャンプルー、ジーマーミ豆腐、 豆腐よう、沖縄そば、などなど。 美味しいんですよね~全部。酒にも合うこと。 テビチはまあ豚の足ですし ミミガーは…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

牛乳を混ぜます

日曜日の夜。 大河ドラマまであと10分というとき。 冷蔵庫に入っていたはずのアイスクリームが すっかりなくなっていたので、亭主に 「ねえねえ~買ってきて~♪」と頼まれ、 大河ドラマを家族の中で唯一見てないワタシが 「買出し役」に任命されてしまいました。 というわけで近くのコンビニ直行。 手に取ったのは、「爽」。これに入…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鶏のお鍋

きょうは縁あって鳥久というお店に行き、 京都の鶏料理を楽しみました。 子どもたちは、子ども用親子丼セット(赤だしつき)。 ワタシたち親は、若鶏の水だき。 子どもたち、親子丼完食。 我々大人もこの 白濁した鍋のだしの 余りの美味しさにびっくり。 昼食にしては相当 フンパツした形ですが… アタリでした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

給食の思い出

ワタシが小さいころの給食については、 実はあんまりいい思い出がありません。 なんだか、「おいしかった」という記憶がない…。 早生まれで体が小さかったので、 二つ出るコッペパンや食パンのうち 一つは必ず残してしまい、 それを袋もなしでランドセルに突っ込んで帰って 親に出すのも忘れていて、 翌日にはカリカリになっていて え…
トラックバック:2
コメント:21

続きを読むread more

外食がスキと言われてしまい

最近、土日に近くの回転寿司に行くと、 毎回もんのすごい混雑状態です。 ホントにすごい。夕飯時には入れない。 夕方5時ぐらいならばまあ さほど混んでいないだろうと思いきや、 行ってみたらものすごい人ごみで、 なんと1時間半とか2時間待ち。 そこで前のマンションの友人一家をみつけ、 「わー久しぶり。それにしてもスゴイ混み…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「思春期男子の食べっぷり♪」について

「思春期男子の食べっぷり♪」について。 なんかねえ、このときのUジローさんのコメントを読んで、 「へえええ」ってすんごく思ったんですよ。 いや、びっくりしました。  >男の子が不良になる原因の99%は家で  >ちゃんと餌を与えないからだ、とか、  >飯さえしっかりと喰わせていればそんなに  >ひどくグレることはない、と…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

我が家のワリとポピュラーな料理

実家では肉食大好きな父の影響で、 毎晩の夕飯は、肉料理がメインでした。 食卓に乗り切らないぐらい皿が並ぶのを好む両親で、 毎晩毎晩家の食卓には夕方7時過ぎごろ、 大量の料理が並んでいました。 で、当時食べ、今でもワタシ自身作る料理があります。 それが、豚肉のチーズ巻き。 っていうと、かなり大き目のものを 思い浮かべら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「ムルギー」のカレー伝説

なんか最近カレーの話を聞くことが多くて どうもカレーが食いたくなってしまって困ります。 ところでそういえば大学時代、カレー屋と言うと 東京・渋谷の確か道玄坂だかに 「ムルギー」という古めかしい 摩訶不思議なカレー屋が奥まったところにあって、 そこを運営している老夫婦がなんだか この世の人たちかどうか非常に疑わしいような …
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

業務用のカレールーで安く旨いのは?

実は韓国に住む日本人の友人が 「日本的カレー屋」を開くことになり、 彼女のために日本的カレールーを 送ってあげることと相成りました。 で、インドカレー、とか、キーマカレー、とか、 少々マニアックなのもいいんじゃないかな~、 と当初は思ったんですがね。 違うんですよ皆さん。 なんと、韓国人は、唐辛子以外の辛味を …
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

デートでご飯に誘うのは

内田樹が著書「態度が悪くてすみません」の中で、 「ご飯を一緒に食べて『美味しい』と思える関係性こそが 生命体として一緒に居てポジティブな関係である」 というようなことを書いていました。 要するに、一緒に居て、身体が 「このヒトと一緒にいると生命力が増す」 と判断するからこそ消化器官が「旨い」と認識する、 だから飯がうまくな…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

「九州じゃんがら」が、ラーメンで一番スキ

かつて祖母と一緒に原宿・表参道の一軒家で 3年間生活してたことがあるんですが、 その3年間に原宿の飲食店をいろいろ試してみました。 まあ大学生でしたので入れる店の値段層には 限界がありますがね…。 その中で「コレだ!!」と心底思った店で 今も残っている唯一の店が「九州じゃんがら」ですねえ。 大学に通っていた当時、原宿駅…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野菜炒めを「ランクアップ」する調味料

美味いんですよ、この調味料。 ふりかけるだけで、野菜炒めがミョーに美味くなる。 出会ったのは、沖縄・那覇市内の通りなんですがね。 あるみやげ物屋さんで、ザルの上に大量に載っていた 調味料の小瓶を目にして、 あー、まあ、これも話のタネになるかもなあと思い、 友人の分と自分の分を買ったわけです。 そしたらあなた。 最初に…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

「ヨーグルト」はおなかにいいのか悪いのか

実は最近、アメリカ在住の、 有名な日本人医師の本を読みました。 「病気にならない生き方」新谷弘実・著、サンマーク出版です。 なかなかこれまで自分が持っていた様々な 「体にいい食べ物」についての思い込みを否定されました。 疑うやらびっくりするやら、読んでてホントに不思議でした。 この人は要するに腸内の内視鏡手術の世界的権威で …
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more