シーラカンス日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 仕事のこと

<<   作成日時 : 2010/06/03 20:56   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

最近思うこと。
仕事には、数字とか業績とかを
達成するために邁進するタイプの仕事と、
ノウハウを人に伝えたりヒトを支えたり
全体をうまく回したりするための仕事がある、
ということ。

実はノウハウを可視化することや
適切な場所でサポートしたり
人を守ったりする仕事は、
それ自体が地味だし周囲から見えにくいので
時に評価につながらないことがある。

でもそれが実はとても全体を
底上げするのに役立つこともあるということ。
それをちゃんと見ていてくれる人が
近くに1人でもいれば、実は逆に
とてもやりがいが出てくること。

そんなことをつらつら考えたりしている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
shi-ra
さんが言う双方の仕事が渾然一体となっているところが、仕事の醍醐味であるなあと、現役を引退して、つくづく感じます。引退後の仕事も、そうであるのは間違いがなく、双方の能力が一人の人間に、どう顕れて、成果や周囲・組織に影響を与えているか、そういうことで評価し合って、向上していく、のが会社、社会であると思います。
tatsuuma
2010/06/07 12:57
>辰馬さん
そうですね、仕事は双方が渾然一体ですね。それがうまく互いに回っている職場というのが仕事場として幸福な形なんだと思っています。なかなか互いに互いの仕事内容が把握できなかったり、ちょっとした齟齬でお互いに意思疎通がうまくいかなかったりするのですが…。少しでも潤滑油を差してうまくいくように回したいです。
シーラカンス
2010/06/09 22:56
シーらさんも、何か達成される仕事に関わっておられると思います。前衛も後衛も頑張る、1人の人間が、それが大事です。縁の下の力持ちだけではいけません。
たつうま
2010/06/10 18:58
先日、わうわうで「クライマーズ・ハイ」をみて引き込まれて、借りてさいしょから見ました。感動しました、昔の仕事のことや、群馬へ応援にいったことを思い出しました。あれから25年目の日がまもなく。
tasuuma
2010/08/03 18:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
仕事のこと シーラカンス日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる