テーマ:歴史

メアリー・カサットの魅力

メアリー・カサット展に行ってきました。よかったです。感動しました… 前々から好きなのです。子どもや女性像が魅力的なので。たとえばこれ。 https://www.wikiart.org/en/mary-cassatt/baby-reaching-for-an-apple-1893 ( 林檎に手を伸ばす子供(赤ん坊)(Baby r…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大統領の執事の涙」

次女(12)が、最近、なにやら 世の中の「偽善」や「欺瞞」についてウルサイです。 道徳の授業とかで先生から 「この文章を読んで感動したことをベースに ここに書かれていることをどう活かしていくか クラスのみんなで話し合いましょう」と言われ、 それがストレスだった模様です。 感動してないのに、正しいと思うわけでもないのに、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログを始めてから

考えてみたら、ブログを始めてから かれこれ9年ぐらい経っています。 始めたのは2004年の11月なので…。 その前は仕事でつらつら 日常のあれこれを書く気軽なメルマガをやっていて、 それが面白かったので文章を引き続きやりたくて ブログなるものを始めてみたのでした。 世に「ブログ」的なものが誕生したのは このリンクによ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

いつかは54打

「“世界新”58!遼くん大逆転で記録的V」 すごいですねー遼くん。 12バーディー、ノーボギーの58をマーク。 通算13アンダーという「1人異次元状態」。 世の中のオジサンというオジサンが今頃熱く 彼の話をしているんじゃないかという気がします。 いえ、オジサンだけじゃない、オバサンだって お兄さんだってお姉さんだって、 …
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

沖縄言葉の母音の数

夏川りみさんの歌が好きで、連日聴いております。 で、いつも不思議なのが、沖縄地方の 「方言」というか、「琉球言葉」というやつです。 「ま~んてぃん~ぬ~、ふ~し~ゆ~♪」 さて、上記の歌詞は何を意味しているでしょうか。 答えは… 「満天の星よ」と言っているのですね。 で。 亭主が各種沖縄の歌やら方言やらを聞い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

石垣島に行って来ました

実はこの三連休+1日、石垣島に行ってきました。 宿泊先の目の前にあったビーチは実に美しく、 まだ3月というのに天候が穏やかな日は しっかり泳ぐ事ができました。 どうも、沖縄本島より数度ほど 気温も高いみたいですね。 私自身、石垣島は20年ぶりでした。 社会人になって二年目の初夏に 友人たちと行って以来です。 当時は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

書き直しました。ペリーさんの提案書について

なんかryiさんみたいな感じですけど。 爆笑モノのサイトを見つけたのであとで書きます。 「ペリーがパワポで提案書を持ってきたら」 うまい、座布団3枚。思いついた人えらい。 それにしても噴飯モノの提案内容なのに 書式だけ整っているというものがよくある。 ああ、時間がない時間がない。 あとで書きます。許して。 ___…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「インビクタス 負けざる者たち」

静かな映画でした。 この前見た「This Is It」、「アバター」は 「静か」という表現からは遠いものでしたし 先日の「ポニョ」も相当騒がしい映画でしたので、 なんか両極端を見たなーという気がします。 もちろんスポーツを扱っている映画で スポーツシーンは血が沸くところもあるんですが、 熱い恋愛があるわけでも スパイが暗…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

長女のpianoで知る女性作曲家の歴史

長女(10)が弾き出したピアノの課題曲に、 「シャミナードの森の精(牧神)」 という曲があります。 リリカルないい曲でして、 インターネット上で演奏している音源が どこかにないかどうか探していて、 この作曲家が実は女性であることを知りました。 セシル・シャミナード (Cécile Louise St…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊「歴史のミステリー」

デアゴスティーニ商法、っていうんでしょうかね。 たくさんのテーマに沿って 「ムック」を続々出すっていう不思議なやりかた。 あの特徴あるコマーシャルを見て 「不思議な出版社だなあ」と思っていました。 鉱物だとか鉄道、仮面ライダー、ジャズ、キティちゃん、 古代文明、ディズニーランド、ピーターラビット、 もうなんでもあり。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「戦国武将占い」について

「戦国武将占い」について。 ついついやってしまうんですよねえ…こういう占い…。 前にもasianimprovさんに 「なんで現代人はこういう遊びをするのだろうか?」 という根源的な問いを投げかけられまして、 思わず「うーん??」って悩んでしまいましたが、 でもホントに好きなんですこーいうの^^; で、最初やったときの結…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

今日の大河ドラマを見て

亭主が大河ドラマを見ながら 「武田信玄ってクーデタで国主になったんだねー」 というので、 「そういえば戦国時代の大概の武将がそうだね。 斉藤道三だってそうだし、 よくよく考えれば信長だってほとんど クーデタに近い形で国を打ち立ててるし、 秀吉だって最後は結構ムリヤリ 信長の縁者たちから奪い取ったんだし」 という話になっ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

縁側の効用

民家集落博物館というところへ先日、 子どもらと亭主、姉たちと一緒に行ってきました。 そこには白川郷の家や熊本の民家や奄美大島の蔵など いろんな数百年前の萱葺きの家々があります。 何十人が一緒に板の間で寝ていたとか 叔父さん叔母さん父母祖母祖父母孫従姉妹孫が 一斉に同じところで生活していたんだよ、とか、 同じ家の一画には牛馬…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

てるてる坊主に安倍晴明を見た

次女(5)の吊るしたてるてる坊主が雨に打たれた後、 乾いてお日様に照らされているのを、 洗濯物を干しながらベランダで見たのでした。 なんかその、てるてる坊主って、 なんとなく「モノ」って感じじゃないんですよ、 どこか「人」の雰囲気を感じるんですね。 妙なんですがね。 要するにこれは、「安倍晴明」(by『陰陽師』)の …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

なんてやつだ

長女(7歳)がまた食卓で聞いた。 「おかあさん、もう一度、義経について教えて~。 義経って、都を追われて、それからどーしたの」 なんでアンタ、そんなに急に『義経』について知りたいのかね。 いくら歴史小説好きでもワタシだってそう 源平時代の史実、詳しくないもんなあ。 その後、きょう午後長女の面倒を見てくれていたワタシの…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

説明するほどワケがわかりません

長女(7歳)「おかあさんおかあさん、義経って、テキのいたミヤコにいたの?」 母「?…そうだねえ、そうだったねえ」 長女「なんで義経はテキのいるよーなところにいたの?」 母「?えーっとね。要するにねえ、   昔々、京の都に二つのグループがあってね、   一つは『源氏』って言って義経や頼朝のグループ。   もう一つは『平家』って…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more