テーマ:精神

「風立ちぬ」を見て

「風立ちぬ」を次女(12)と見てきました。 なんというか、業の深い映画だなあ、 という印象を受けました。 宮崎駿は、牧歌的な画を描こうだなんて これっぽっちも思っていなくて、 自分自身から見えているこの世を 堀越二郎という人物の視点を通して 語ろう、描こうとしている、ように思えました。 二郎が夢の中で会話している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more